英語ライティングにおけるハイフンのつけ方とダッシュとの区別

Pocket

ハイフン(hyphen)とダッシュ(dash)の使い分けができない人が多いようです。ハイフンは一番短い横棒です。ハイフンは日本語キーボードでは数字の0の右側にあります。ハイフンより長いのがダッシュです。ダッシュにはエヌダッシュ(en dash)とエムダッシュ(em dash)の2種類があります(以下、enダッシュ、emダッシュと呼ぶことにします)。enダッシュがnの幅と同じ長さ、emダッシュがmの幅と同じ長さであったことからこのように呼ばれるようになりました。enダッシュはハイフンより長く、emダッシュはさらに長く、enダッシュの倍ほどの長さになります。

「en-dash hyphen em-dash」の画像検索結果

キーボードのどこにもダッシュは表記されていません。横棒らしきものはハイフンに加え、キーボード右上と右下にありますがどちらもダッシュではありません。キーボード右上にある横棒は長音符です。伸ばし棒とも呼ばれます。「ばーか」の「ー」が長音符です。キーボード右下にある横棒はアンダーバーです。どちらもダッシュとは関係ありません。ダッシュをタイプする方法はいくつかありますが、マイクロソフトワードやLibreOffice Writer等のワープロソフトの多くは以下の用法でenダッシュとemダッシュをタイプできます。

※AugustとDecemberの間にハイフン、enダッシュ、emダッシュを記入する方法
ハイフン: August-December

enダッシュ: 両単語とハイフンの間にスペースを置いて August – December と記入する

emダッシュ: 両単語の間にハイフンを2つ記入して August–December とする

記入後にエンターキーもしくはスペースキーを押せば自動的にダッシュに変換されます。変換後、enダッシュの両端に1スペースありますが、enダッシュは前後にスペースを置かないのでスペースの箇所は削除してください。

ハイフンの両端にスペースを置いてはいけません。唯一の例外がハンギングハイフン(hanging hyphen)の場合です。例えば、nineteenthとtwentiethがともにcenturyにかかる場合 nineteenth- and twentieth-century と記入して、最初のハイフンの後にスペースを置きます。

ダッシュの両端にスペースを置くべきかどうかはスタイルガイドによって異なります。米国ではスペースを置かない形が主流です(例えば、The Chicago Manual of StyleThe Publication Manual of the American Psychological Association)。ただし、The New York Times Manual of Style and UsageAP Stylebookはスペースを置くよう指示しています。英国とカナダではスペースを置くことが多いですが、英国のThe Oxford Guide to StyleやカナダのThe Canadian Style: A Guide to Writing and Editingはスペースなしを指示しています。スタイルガイドの指定がない限り、一貫性を保てばダッシュの両端にスペースを置いても置かなくてもかまいません。

今回はハイフンのみをとりあげます。次回と次々回にenダッシュとemダッシュの用法を議論します。

 

(1) 行末の単語を複数の行に分けて書くとき、単語を音節で区切り、前の行の最後にハイフンをつける。

右側マージンを均一に見せるために新聞でよくとられる手法ですが、ワープロソフトで両端揃えをすれば自動でスペースの長さが調整されて両端が揃えられるので、単語の音節区切りを気にする必要は特にありません。

 

(2) 2つ以上の単語を繋いで複合語(compound word)を作る時、単語と単語の間にハイフンを置く。

複合語には3種類の書き方があります。

open compounds: 単語と単語の間にスペースを置く
electric fan
ice cream
full moon

hyphenated compounds: 単語と単語の間にハイフンを置く
check-in
self-respect
fifty-fifty

closed compounds: 単語と単語を合体させる
bedroom
lifestyle
basketball

このように複合語はハイフンを使う場合と使わない場合があります。hyphenated compoundは時間の経過と共にclosed compoundに変わる傾向があります。例えば、decision makerはdecision-makerと書くことが多いですが、最近ではdecisionmakerと書いても間違い扱いされません。e-mailもemailと書いてかまいません。

ハイフンを使った複合語には複合名詞、複合動詞、複合形容詞の3種類があります。

複合名詞 (compound noun)
self-esteem
passer-by
sister-in-law
commander-in-chief

複合動詞 (compound verb)
double-check
baby-sit
window-shop
ill-treat

複合形容詞 (compound adjective)
family-owned business

a good-looking actor
a twenty-five-year-old woman
money-back guarantee
part-time job

すでに述べたように、複合語はハイフンがつくこともつかないこともあります。特に2点に注意してください。第1に確立された慣用法に従うことです。「通行人」を意味するpasser-byはpasserbyとしてもかまいませんが、passer byと表記するのは間違いです。複合名詞と複合動詞は用法が確立されているので辞書でハイフンをつけるべきかどうか確認できます。第2に必要な時にのみハイフンを使うことです。複合形容詞は名詞の前に置かれ2つ以上の単語をハイフンで繋いで形容詞の役割を果たしますが、ハイフンをつけるべきかとどうかはケース・バイ・ケースになることが多いので辞書はほとんど役に立ちません。そこで心がけるべきことは、複合形容詞ではハイフンの乱用は避け、誤解が生じるときにのみハイフンを使うことです。ハイフンをつけるかつけないかで意味が全く変わることがあるので注意してください。以下、ウィキペディアに載っていた例です。

  • disease-causing poor nutrition 病気を起こす栄養不足
  • disease causing poor nutrition 栄養不足を起こす病気
  • man-eating shark 人を食べるサメ
  • man eating shark サメの肉を食べる人
  • three-hundred-year-old trees 樹齢300年の木
  • three hundred-year-old trees 樹齢100年の3本の木
  • three hundred year-old trees 樹齢1年の300本の木

また、ハイフンをつけることで意味が変わる単語もあります。
recover (回復する)/ re-cover (~を張り替える)

以下、ハイフンに関する注意事項です。

● 接頭辞におけるハイフン・ルール
接頭辞はun-Britishのようにハイフンがつく場合とunhappyのようにハイフンがつかない場合があります。接頭辞の後にハイフンがつくかどうかは多分に慣習的なものなので1つずつ覚えていくしかありませんが、ある程度のルールはあります。

①接頭辞all-, ex-, quasi-, self-にはハイフンをつける
e.g., all-American swimmer/ all-boy school/ ex-wife/ ex-president/ quasi-experimental design/ self-activity

②以下の接頭辞にはハイフンをつけないことが多い。anti-, co-, de-, inter-, intra-, multi-, non-, para-, re-, semi-, super-
e.g., anticommunism/ cooperation/ dehumidify/ international/ intramural/ multinational/ nonpayment/ paramedical/ regenerate/ semiautomatic/ supercomputer

③後の単語が大文字から始まる場合はハイフンをつける
e.g., post-Napoleonic Europe/ anti-American/ un-Japanese/ de-Stalinization

④後の単語が数字から始まる場合はハイフンをつける
e.g., pre-20th century literature/ post-1986 depreciation

● 1文字を単語を足すときはハイフンをつける
e.g., T-shirt/ X-ray
※ただしe-mailは最近ではハイフンを外してemailと書くのが主流です。

● 地名をつなげるときにハイフンをつける
e.g., Bosnia-Herzegovina/ Tokyo-Narita International Airport

● 数字が複合形容詞の一部のときはハイフンをつける
e.g., 40-hour working week/ Men’s 800-Meter World Records

● 21から99までのアルファベット数字名(20, 30, 40, 50…は除く)
e.g., twenty-one/ forty-seven/ ninety-nine

● 名詞の前の形容詞としての年齢
a seventy-year-old female high-school student
※yearを複数形にするとハイフンをつけてはいけないので注意
She is seventy years old.

● アルファベットで記した分数と単位
two-thirds majority/ one-fourth fraction/ a 5-kilogram dumbbell

 

(3) 複合語でもハイフンをつけてはいけない幾つかの注意事項

英語は簡潔さを好むため、ハイフンをつける必要がない場合は、つけてもつけなくてもよいと考えるのではなく、ハイフンをつけないようにしてください。

● よく知られている複合語
複合語がよく知られている場合はハイフンをつけなくてかまいません。例えばjunior high-school studentをjunior high school studentと書いてもまったく問題ありません。

● -lyで終わる副詞
「副詞+形容詞+名詞」の場合、副詞が次の形容詞を修飾しているのが明確なため、形容詞の前の単語が-lyで終わる場合、ハイフンをつけません。
environmentally friendly companies    × environmentally-friendly companies
a badly written paper            × a badly-written paper
a quickly moving vehicle          × a quickly-moving vehicle

● 形容詞が名詞の後にくるとき
little-known facts; the facts are little known
a well-respected politician; a politician that is well respected
off-street parking; parking is off street
the chocolate-covered raisins; the raisins are chocolate covered
family-owned business; business is family owned

● 固有名詞
the United States  × the United-States
the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

● 化学用語
carbon monoxide detector   × carbon-monoxide detector
sodium chloride crystals

次回はenダッシュをとりあげます。

3月 31, 2017 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英作文豆知識

Leave a Reply