青リンゴはgreen apple、青信号はgreen light。ではアオガエルは?

Pocket

アオガエルはgreen frogです。日本語では「青」がつくのに英語ではgreenとなる言葉は数多くあります。その特徴は実際には緑色であることです。『天空の城ラピュタ』でパズーがシータに「あと・・、りんごが一個に、あめ玉がふたっつ。」と言うセリフがあります。英語版ではこの「りんご」がa green appleと表現されています。「青リンゴ」のことです。

 

「なんで青リンゴを英語ではgreen appleと呼ぶのかなあ」と疑問に思ってはいけません。「青リンゴ」で画像検索して出てくるリンゴは青くありませんから。すべて緑色しています。

 
「青信号」も今度よく見てください。緑色もしくは緑色に近い青緑色していますから。

 

アオガエルはgreen frogです。青色をしていたら簡単に捕食されてしまいます。

 
 
似たような例はいくらでもあります。
こんな感じで緑色なのに多くの「みどり」は日本語では「あお」と表現されます。例えばgreen mountainsは「青々とした山」と訳されます。なぜ日本語では「みどり」が「あお」になるのでしょうか。
昔の日本には「緑」という色がなく、青色の中に含まれていたためのようです。古来日本の色は「赤・黒・白・青」の4食です。これらの色は「~い」と表現できますが、「みどりい」とは言いませんよね。言語発達の過程で緑と青が区別されるようになりますが、いまだ緑色のものを青という慣行が残っています。ちなみに日本人が「緑」でイメージする色は濃い緑なのに対し、英語圏の人たちがイメージするgreenはもっと明るい薄めの緑色だそうです。
ということで他にも例を出します。まだ十分に熟していない青いばななはgreen bananaと言います。
 

青虫はgreen caterpillar

青じそはgreen perilla

 

青ピーマンはgreen pepper

 

 

青汁はgreen juice

 

青のりはgreen laver

青唐辛子はgreen chili

青葉はgreen leaves

 

青野菜はgreen vegetableもしくはgreen crop

 

青草はgreen grass

8月 28, 2017 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英単語豆知識

Leave a Reply