トトロの英語(4): 独立分詞構文のwith

Pocket

メイが家の中に入ろうとして雨戸のところで靴を脱ごうとしていると、上からどんぐりが落ちてきます。それに気を取られているとお父さんがメイに向かってこう言います。
「こらこら。雨戸が開けられないじゃないか。」

英語版のセリフは
Out of the way, Mei.  I can’t close the door with you sitting there.

メイがそこにいると雨戸を「開けられない」が、「閉められない」に変わっています。

Out of the way! は「どいて」という意味の口語表現です。Get out of the way! も「 どいて!」とか「脇に寄って!」という意味の命令文になります。
 
この文章では独立分詞構文が登場しています。独立分詞構文とは、分詞構文の主語が本文の主語と違うときに、分子の前に意味上の主語がついた文のことを指します。「with + (代)名詞 + 分詞」の形をとると「付帯状況」を表します。付帯状況は同時生起とも言いますが、同時に行われる動作、または連続する動作・出来事を表します。ここでは、メイがドアの入り口に座ったままでいると、ドアを閉められないということです。
トトロケーキ

9月 15, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・トトロ

Leave a Reply