トトロの英語(6): まっくろくろすけ

Pocket

Q: まっくろくろすけは英語でなんと言うでしょうか?

まっくろくろすけはススワタリという妖怪の通称です。まわりをすすだらけにするのが大好きなかわいい妖怪ですが、英語名は3種類あります。お父さんはまっくろくろすけのことをsoot gremlinと呼んでいます。あれは何って尋ねるサツキにお父さんはこう答えます。

Dad: It was probably just some soot gremlins.

probably をvery likelyという意味です。『システム英単語』には「おそらく」という意味が載っていますが、感覚的には日本語の「おそらく」よりももっとありそうな ニュアンスです。「十中八九」という感じでしょうか。経済学では「蓋然的に」と訳されます。要するに可能性が極めて高いという事です。probably > possibly > maybe > rarelyの順に実現可能性が低くなります。

sootとは「すす」や「煤煙」のことです。gremlinはいたずら好きな小さな妖怪のことです。よく機械を故障させます。グレムリン(gremlin)は機械などを故障させる想像上の小悪魔のことを指します。つまり、直訳すると「すすの小悪魔」という意味になります。

でもおばあちゃんはススワタリのことをsoot spriteと言っています。spriteは小妖精のことです。

Ah…  You’ve got soot sprites in your house.
have got = ~を経験する

sprite =  妖精(fairy)

すすの小悪魔が、すすの妖精に変わってますね。

でも英語字幕を見ていたら、おばあちゃんはsoot spreaderと呼んでいました。spreaderは肥料などの散布機や広げるものという意味の、spreadの名詞形です。つまり、soot spreaderはススをまき散らすものという意味になります。

まっくろくろすけ

9月 23, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・トトロ

Leave a Reply