トトロの英語(9): a rice field

Pocket

サツキとメイが初めておばあちゃんに出会う場面です。

「今自分は田んぼが忙しくってえ。んでも時々掃除はしといたんだ。」

「となりのトトロ」には、学校の教科書にはあまり出てこない、日本ではごくありふれた事の英語表現がよく出てきます。田んぼ=a rice fieldもそのひとつです。

We’ve been very busy in the rice fields, but I did manage to keep the place well-dusted, as you can see.

現在完了が使われていますね。ある過去の時点から今まで田んぼの仕事でずっと忙しかったって事です。「田んぼ」はa rice field。ここでは田んぼはいくつもあるってことで複数になっています。また、どのあたりの田んぼか当事者の間で明白なので定冠詞のtheがついています。もちろん、サツキたちはどのあたりにおばあちゃんの田んぼがあるか知らなくて、Which rice fields are you mentioning?って返事が来るかもしれません。ここで大事なのは、実際に当事者間で共有された知識かどうかではなくて、話し手がそう思っているかどうかです。おばあちゃんは、聞き手が知っていることだろうと思い、ここで定冠詞をつけたわけです。

manage to = ~をなんとか成し遂げる(succeed in doing something difficult, especially after trying very hard)
well-dusted = 掃除の行き届いた

as you can see = ごらんの通り

dustとは「ほこり、ちり」のことです。動詞として使われると、「ほこりをまく」ではなく、「ほこりを払う」という意味になります。気をつけてほしいのは、dustという動詞は、「~に粉をかける、振りかける」という意味でも使われることです。
I dusted the books and the bookshelves. (本と本棚のほこりを払う)
I dusted the top of cake with icing sugar. (ケーキに粉砂糖をまぶす)

10月 5, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・トトロ

Leave a Reply