魔女の宅急便― too~to…構文

Pocket

キキのママのコキリに処方箋をもらっているドーラおばさん。旅をするにはまだ子どもすぎるわというコキリに対して一言。

DORA – And, I was certain she was much too young to hold such an important job as resident witch.

I am certain that… = ~を確信している
hold a job = 仕事を持つ
resident = 居住者、在住者(a person who lives or has their home in a place)
resident witchとは、ある特定の区域を担当する魔女という意味なんでしょう。1つの町には魔女はひとりしか担当できないようです。

この文では<too to …構文>が使われていますね。「~すぎてできない」という意味ですが、言い換え問題でよくこの構文は問題に出ます。まずは<so … that構文>との言い換え。
= I was certain (that) she was so young that she couldn’t hold such an important job as resident witch.

<not enough to>「~するには十分でない」とも言い換えることができます。
= I was certain she was notoldenough to hold such an important job as resident witch.

ちなみにこのドーラの発言の前に、コキリはこう言っています。
MOM – I know. She seems so young to be leaving home now.

これは間違いですよね。正しい英語は<She seems too young to be leaving home now.>です。文字で書くと間違いが気になりますが、日常会話ではこのくらいのミステイクはよくありますので、実際の英会話ではあまり気にしなくてかまいません。

8月 21, 2010 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・魔女宅

Leave a Reply