サイダーハウス・ルール

Pocket

スパイダーマンのTobey Maguireの出世作となったCider House Rules。英語が非常に聴き取りやすいです。映画を見て英語学習をしている人にはお勧めの映画ですね。

映画の内容についてはカーロス・リベラさんAmazon.co.jpのカスタマーレビューを引用します。

孤児院の片隅で「違法」の堕胎を行うラーチとその助手のホーマーを核に、青年ホーマーの成長を描いたさわやかな映画です。
外に出て初めて分かる、世界の理。離れて分かる人の優しさ。反発しながらも、正しさに気づき、受け入れてくことの大切さ。生きるために大切なことがつまっています。

最後のホーマーの本の朗読のシーン。そして、その後の子どもへの語りかけが、この作品のすべてを表していると思います。

12月 1, 2010 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・映画

Leave a Reply