基礎英文問題精講8: that which

Pocket

中原道喜著 『基礎英文問題精講』, pp. 24-25の例文です。

No matter where you go, no matter who your ancestors were, what school or college you have attended, or who helps you, your best opportunity is in yourself.  The help you get from others is something outside of you, while it is what you are, what you do yourself that counts.

「大切なのは自分という人間であり、自分自身がする行為」と訳されていますが、中原氏は下線部を「接続詞を用いないで2つの節が並べられた「並列」の形式」と述べています。言葉は数学とはちがうのではこういう書き方も間違いとは言えませんが、よい子はちゃんとwhile it is what you are and what you do yourself that countsという風に接続詞をちゃんと加えましょう。

The only useful knowledge is that which teaches us how to seek what is good and avoid what is evil.

「唯一の有益な知識とは、よいものを探し求め、悪いものを避ける方法をわれわれに教える知識である」と訳されています。<that which = what>と説明されていますが、whatの代わりにthat whichが使われることはまずありませんから、よい子は英文を書く時にthat whichを使わないようにしましょう。

その他の項目は中原道喜著『基礎英文問題精講』の使い方をクリック(^^)

12月 2, 2010 · Pukuro · No Comments
Posted in: ×基礎英文問題精講

Leave a Reply