涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ- ②

Pocket

HARUHI: I’m Haruhi Suzumiya, from East junior high.  First off, I’m not interested in ordinary people.  But if any of you are aliens, time-travelers or espers, please come see me. That is all.

KYON: Is that supposed to be funny?  There stood before me this amazingly beautiful girl.  I bet everyone thought she was kidding.  But it wasn’t a joke.  And it wasn’t anything to laugh about.  Haruhi is always dead serious.  And that’s how we first met.  Looking back, I wanna believe that it was just a coincidence.


高校入学早々、涼宮ハルヒは突飛な自己紹介をします。
「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人 、未来人、異世界人、超能力者が居たら、あたしの所に来なさい。以上!」

英語セリフはこうなっています。
I’m Haruhi Suzumiya, from East junior high.  First off, I’m not interested in ordinary people.  But if any of you are aliens, time-travelers or espers, please come see me.  That is all.

自己紹介はMy name is Haruhi SuzumiyaでもI’m Haruhi Suzumiyaでもオーケー。<from East junior high>は<I’m from East junior high.>ということ。「中学」はschoolを外してjunior highとも言います。

first offは「最初に」という意味ですが、続けてネガティブな事を言うときによくこのイディオムを使います。ここでもハルヒは機嫌良く話している感じではないですよね。ordinary = 平凡な。ハルヒは凡人が大嫌いです。英訳では「異世界人」が訳されていません。その他は「宇宙人=alien」、「未来人=time-traveler」、「超能力者=esper」となっていますが、2つ気をつけることがあります。①未来人が、時間旅行者(time-traveler)に変わっています。②「エスパーesper」という言葉は英語にちゃんとありますが、実際にはほとんど使われていません。日本以外ではほとんど通用しない言葉です。esperという単語はAlfred Besterというアメリカ人の小説家が1950年に”Oddy and Id”という短編小説で初めて使ったとされていますが、日本以外ではこの単語は定着しなかったようです。

そしてキョンのいつもの独り言。

「これ、笑うとこ?偉い美人がそこにいた。」
Is that supposed to be funny?  There stood before me this amazingly beautiful girl.

be supposed to=be intended to 「~することになっている」
funny = amusing; making you laugh
<There stood…>は<There is…>構文の変形ですね。
amazinglyはveryとほぼ同義ですが、ポジティブなことに使います。だからamazingly ugly girlとは言いません(皮肉としてでは言えますが)。

「誰もが冗談だと思っただろう。結果から言うとそれはギャグでも笑い所でも なかった。ハルヒはいつも大マジなのだ 。こうして俺達は出会っちまったあ。しみじみと思う。偶然だと信じたいと。」
I bet everyone thought she was kidding.  But it wasn’t a joke.  And it wasn’t anything to laugh about.  Haruhi is always dead serious. And that’s how we first met.  Looking back, I wanna believe that it was just a coincidence.

I bet=I’m sure
kidding=joking
dead=completely
looking back=in retrospect(思い返せば)
wanna=want to
coincidenceは「偶然」という意味。ここではキョンとハルヒが同じ学校の同じ教室にいて出会ったことが「単なる偶然」(just a coincide)というわけです。

しかし、それは偶然ではなく必然(inevitability)だったのは皆さんもご存じの通り^^。

4月 19, 2011 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・ハルヒ

Leave a Reply