伊藤和夫「基本英文700選」をググる: 第3回

Pocket

鈴木長十・伊藤和夫著 『新・基本英文700選』
(A)英語の基本文型 4. 主語+be+形容詞+準動詞、etc. (pp. 22-25)

76. I am ready to do anything that I can for you, because I owe you a great deal.

“do anything that I can for you”をググると、34件しか出てきませんでした。ここでググりについて説明しておきます。文章をググる場合、文に引用符 “” をつける必要があります。普段使っているグーグルのサイトでも検索できますが、今回はGoogle in Englishで700選の英文をチェックしています。引用符をつけた文を書いてSearchをクリックすると何秒で何件の検索結果が出たか表示されますが、ここで注意が必要です。”do anything that I can for you”の場合、<about 114,000 results>という表示がでますが、下の方を見ると、<1 2 3 4>という表示が出ています。こちらの方が重要です。4をクリックすると、最後に

In order to show you the most relevant results, we have omitted some entries very similar to the 34 already displayed.
If you like, you can repeat the search with the omitted results included.

という表示が出ています。検索がなされた文章にもっとも関連する結果を表示するために、表示されている34件以外は省略している。省略されたものもみたい場合はrepeat the search with the omitted results includedをクリックしろ、というわけです。ではここをクリックしたら114,000件の検索結果が出るのかと思いきや、35件しか出てきませんでした。

なぜ “do anything that I can for you”をググったかというと、単なるカンとしか言いようがありません。文法的には間違いではないと思います。でも違和感を感じたのでこのフレーズをググったら、やっぱりネイティブはこういう言い方をあまりしないというのがわかったわけです。yahoo.comでも検索してみても28件しか出てきませんでした。

ちなみにdo whatever I can for youでググると、大量の文が出てきます。だからこの例文はI am ready to do whatever I can for you…に変えればよいわけです。

83. Mother is more anxious about the result of the examination than I am.

My motherのように人称代名詞をつけた方がよいです。そうしないと、「母親というのものは」という風に解釈されます。

5月 14, 2011 · Pukuro · No Comments
Posted in: ×基本英文700選

Leave a Reply