伊藤和夫「基本英文700選」をググる: 第6回

Pocket

鈴木長十・伊藤和夫著 『新・基本英文700選』
(A)英語の基本文型 7. ItとThereの構文 (pp. 42-51)

162. It is advisable for a person to acquire an accomplishment. 人は何か一芸を身につけることが望ましい。

“to acquire an accomplishment”をググると、検索数64件。その多くがIt is advisable for a man or woman to acquire an accomplishmentという文章。改訂前の700選ではa personではなくa man or womanだったというオチがあるのかちょっと不安。「一芸を身につける」はmaster somethingと訳せばいいだけのことでは? excel in somethingでもオーケー。何かをacquireしたらaccomplishmentになるのでしょう。それをさらにacquireなんてできませんよ。ちなみに辞書では芸の部分に注目してbe a master of an artと訳される場合が多いようです。

165. I make it a rule to read the newspaper every day lest I should fall behind the times. 私は時勢に遅れないように、毎日、新聞を読むことにしている。

「時勢に遅れないように」の訳の“lest I should fall behind the times”をググると、出てきたのは36件。ソースはすべて「700選」のようです。辞書や参考書には、「~しないように」という意味のlestは文語調なので会話ではほとんど使われない、という説明がよくなされていますが、学術論文を書くときもlestという表現はあまり使われません。意味は知っておかないとリーディングで困りますが、英作文にlestという表現を使う必要はとくにありません。

168. It often happens that railway traffic is suspended by a heavy snowfall. 大雪のために鉄道が不通になることがよくある。

“railway traffic is suspended”のググり件数はたったの55。たぶんネイティブには不通。。。じゃなくて普通に通じるとは思いますが…。

170. Because he is good, it does not follow that he is wise. 彼が善良だからといって賢いということにはならない。

“because he is good, it does not follow that”の検索数は14。すべて「700選」がらみのようです。文章が長くなればそれだけ検索に引っかからなくなるので14件しかなくても別にかまわないのですが、これは悪文ということだけは理解しておいてください。確かにbecause(~なので)は否定語の支配を受けて「~だからといって」という意味になることがあります。例えば、Don’t look down on me just because I am poor.と言ったら、「私が貧乏だからというだけで、軽蔑しないでください」という意味になります。でもこの文章がそういう意味にとれるのは、最初に否定の文章を示しているからです。それに対して700選の文章はBecause he is poorから始まっているので、このセンテンスを読む人・聞く人すべてが「彼は貧乏だから」という意味だと理解します。否定語の支配を受けないまま始まっている文章だからです。最後まで文章を読んでから、ああ否定語も出ているからこのbecauseは「~なので」ではなくて、「~だからといって」の意味なんだと「解釈」することは可能です。伊藤和夫氏の「英文解釈教室」を読んでいなくてもそう「解釈」することは可能です。でも「彼は善良なので、賢いことということにはならない」と「解釈」することも可能です。悪人が得をする思っている人ではあれば、あいつはいい人間だからこそばかなんだよと考えるでしょう。こういう風に複数の解釈が可能だからこの例文は悪文なわけです。

174. It is regrettable that few people (should) walk today because of the development of traffic facilities. 今では交通機関が発達したため、歩く人が少ないのは遺憾である。

“the development of traffic facilities”をググってみると、出てきたのは38件。発達しているのは「輸送機関」だったりするのでthe development of transport facilitiesと言った方がわかりやすいですね。

178. I owe it entirely to him that I have thus far succeeded. 私がここまで成功したのはまったく彼のおかげである。

“I have thus far succeeded”のググり件数は30。thus farはuntil now(今までのところ)という意味のイディオムです。ふつうは、「私はこれまでは成功していた」という意味にとられるでしょう。

182. It was on the morning of February the ninth that I arrived in London. 私がロンドンに着いたのは2月9日の朝であった。

“the morning of February the ninth”をググったら、出てきたのは54件のみ。それも「700選」がらみばかり。日付も正しく書けない例文集って…(´;ω;`)。アメリカ英語だとここは、on the morning of February 9と書けばオーケーです。イギリス英語はよく知りません。

187. It matters little what kind of books one reads, so long as one has sound judgment. しっかりした判断力がありさえすれば、どんな種類の本を読もうと大した問題ではない。

“one has sound judgment”の検索数は8つ。http://www.yahoo.comだと7件出ますがすべて「700選」がらみです。

189. There is something refined about him.  He is said to have been a man of respectable position. 彼にはどこか上品なところがあるが、もとは相当の地位の人だったそうです。

文法的におかしくはありませんが、 “something refined about him”の検索数は40、 “a man of respectable position”は42件。わざわざこの英文を覚える必要はないでしょう。

192. There were several stars seen in the sky. 空にはいくつも星が見えた。

“There were several stars seen in the sky”の検索数は31件。ほぼすべてが日本のサイト。なんで「いくつも星があった(there were several stars)」と言った後に、「空に見られる(seen in the sky)」というフレーズを付け加えるんでしょうか。英語の語感がない人にしか書けない英文です。

193. For better or worse, there is nothing for it but to leave the matter in his hands. よかれあしかれ、この問題は彼にまかせるほかはない。

別に覚えてかまわないんですけど、there is nothing for it but toなんて長ったらしい構文を知らなくても英文は普通に書けます。leaveだけ加えて “there is nothing but to leave”をググったら、23件しか出てきませんでした。ほぼすべてが「700選」がらみ。

194. There live in this world people of all sorts of colors and manners and customs. 世界には皮膚の色や風俗習慣を異にする様々な人々が住んでいる。

“there live in this world”の検索数は11件。ほぼすべてが「700選」がらみ。 “all sorts of colors and manners and customs”は40件。これも「700選」がらみばかり。<AとBとC>はA and B and Cではなく、A, B, and Cと書いてください。A, B and Cでもオーケー。ここはcolors, manners, and customsが正しいです。

5月 18, 2011 · Pukuro · No Comments
Posted in: ×基本英文700選

Leave a Reply