伊藤和夫「基本英文700選」をググる: 第10回

Pocket

鈴木長十・伊藤和夫著 『新・基本英文700選』
(B)重要文法事項を含む構文 2. 態 (pp. 70-71)

287. Three persons were killed and ten were severely or slightly injured in the railway accident. その鉄道事故で死者3名、重軽傷者10名が出た。

“severely or slightly injured”をググってみると出てきたのは70件。約半分が「700選」がらみ。 “slightly or severely injured”だと64件。 “slightly or seriously injured”だと49件。 “seriously or slightly injured”だと170件。「重軽傷の」の訳としては “seriously or slightly injured”が一番望ましいようです。ただし、私であれば「重軽」の部分を無視して単にten persons were injuredと訳します。けがをすればそのけがは重いか軽いかのいずれかにかならず収まるのですから、あえて訳する必要はありません。

294. English and mathematics are made much of in senior high schools. 高等学校では英語と数学が重視されている。

伊藤和夫氏のcommentによれば「294. make much of… 「…を重視する」」とのことです。make much ofはまずtreat A very well、つまり「A(人)を大事にする、ちやほやする、甘やかす」といった語感があります。英辞郎の最初の例文は

My mom always made much of my brother’s every little cough. : 母はいつも、兄がちょっと咳をしただけで、いちいち心配する。

というものです。Cambridge Advanced Learning Dictionaryに出てくる例文は

His mother used to make much of him when he went home for holidays.

果たして「学校で英語を重視する」と言うときの英訳にmake much ofを使っていいものやら。。。私はそういう意味で使った例を知らないので、これもググって調べてみました。 “make much of English”のググり件数は7件、 “made much of English”は6件。 “make much of mathematics”は5件、 “made much of mathematics”は3件。 “English and mathematics were made much of”は0件。にもかかわらず、 “English and mathematics are made much of”のググり件数は53件。「700選」効果おそるべしという感じですね。よい子の皆さんはこんなでたらめ例文を覚えないようにしましょう^^。

5月 23, 2011 · Pukuro · 4 Comments
Posted in: ×基本英文700選

4 Responses

  1. 心配性 - 1月 18, 2018

    「高等学校における「英語の授業は英語で行う」についての一考察」
    http://search.yahoo.co.jp/r/FOR=7xJPBBlV3ijy07zkDN08EXyJm02cXNEbHvx3Lg4U74kSwPlAta71whj0gQTZjsd5hKdv5fzI3i7KgTkogYlnXDqfnX.5iHQXs_cSjlfxox9sn6lLBKfg4dXY85LPOnx4rvs5zB4bN47iDclno413yB3I4n3OhMSGki.peS6lK96u28PPtEl9wNwK5oKOhcoCod6mQ_2N44bVowm5NI7ufECiTHk3zIaIBH9liTmFpauxvaxjTJ0INQCYJzWLMg–/_ylt=A2Ri6BKubGBab2QAQ7KDTwx.;_ylu=X3oDMTBtdTY1Z3BjBHBvcwMyBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGU-/SIG=16v2ouko4/EXP=1516369518/**http%3A//www.wilmina.ac.jp/ojc/edu/kiyo_2010/kiyo_07_PDF/d2010_03.pdf%23search=%27%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%25E3%2581%25A7%25E8%258B%25B1%25E8%25AA%259E%25E3%2581%25AE%25E6%258E%2588%25E6%25A5%25AD%27

    「Communicationin English should be made much of」と書いてあります。こういう方が英語で英語の授業をやるのでしょうか。

  2. Pukuro - 1月 19, 2018

    教育学部の英語担当教員の多くは英語がまともにできません。教育学部で学士号をとったら、中高校の教員になり、その後教育学部大学院で学位をとって教育学部の英語担当教員になるというのがよくあるパターンですが、その過程でネイティブと英語で接する機会を十分に持つことはほとんどありません。大学教員になっても発信相手は日本人ですから、英語教育政策について日本語で調べ、日本語で論文を書きます。そのため教育学部の英語担当教員の多くは十分に英語に接することなく英語力がつかないまま英語教育政策について論ずる、という不可思議なことが起きています。

  3. 心配性 - 1月 19, 2018

    Collins English Dictionary
    https://www.collinsdictionary.com/dictionary/english/make-much-of
    には以下のように書いてあります。

    make much of in British
    or make a lot of
    a. (used with a negative) to make sense of
    he couldn’t make much of her babble
    b. to give importance to
    c. to gain benefit from
    d. to pay flattering attention to
    the reporters made much of the film star

    make much of in American
    to treat or consider as of great importance

    つまり、イギリス風の英語としては、make much ofを、
    重視する、という意味で使うことはあるけれども、
    受動態にすることは希、ということではないかと思います。
    高校生が暗記すべき表現ではないのは確かでしょう。

  4. 心配性 - 1月 19, 2018

    「高等学校における「英語の授業は英語で行う」についての一考察」
    という論文には
    “teaching in English should be standardized in English classes”
    と書いてあります。これでは、英語による授業にはいろいろな形態が
    考えられるので統一するべき、という意味になってしまうので、
    「英語の授業は英語で行うことを基本とする」という意味にするためには
    “teaching in English should be standard in English classes”
    とするべきではないかと思うのですが、どうでしょうか。

Leave a Reply