伊藤和夫「基本英文700選」をググる: 第16回

Pocket

鈴木長十・伊藤和夫著 『新・基本英文700選』
(B)重要文法事項を含む構文 6. 分詞と動名詞 (pp.98-105)

403. My room, facing south, is sunny and very comfortable. 私の部屋は南向きなので、日がよく当たって非常に快適である。

とにかく数多くの英文を読んで語感をつかまないと分詞構文を使った文を気軽に書けるようにはならないと思います。この例文では、分詞構文が「原因・理由」を表す分詞構文が文中に挿入されています。文法的におかしいとまでは言えませんが、語感が変な英文ではあります。この文章を口に出して読んだら、聞き手は誰もがMy room facing south is sunny and very comfortable (南向きの私の部屋は日がよく当たって非常に快適である)と解釈して、これが分詞構文を使った文章ということに気づきません。このように書き手の意図と違った解釈をついしてしまう文は悪文と言えます。試しに、 “My room, facing south”をググったら11件しか出てきませんでした。

405. Accepting what you say, he might still conceivably have killed in self-defence. あなたの言うことを認めたとしても、彼はそれでもひょっとすると自衛のために殺していたかもしれない。

“might still conceivably”のググり件数は119。間違いとは言えないでも、stillとconceivablyという副詞が続く表現はあまりなじみがありません。またkillは自動詞として使われることもありますが、ここでは彼は誰かを殺したわけです。この場合、他動詞として使って、he might have killed Osama bin Ladenのように目的語をつけるべきです。自動詞として使うときは、普通<Smoking can kill.>のように無生物が主語になります。

408. Speaking of dictionaries, I have (been) benefited from various kinds. 辞書と言えば、私はいろいろの辞書の恩恵を受けています。

「いろんな種類」という意味でkindもしくはkindsを使うときは、普通、「kinds of A = いろんな種類のA」という表現になります。 “benefited from various kinds”を検索したら、出てきたのは57件。kindsの後にofがついていない英文は、すべてdictionariesに関するものばかりという不思議な結果が出ました。

409. Generally speaking, the Japanese are a little too timid in speaking foreign lanugages. 概して日本人は外国語を話すのに少し臆病すぎる。

“too timid in speaking”のググり件数は67。間違いとは言えませんが、 “too timid to speak” (こちらのググり件数は520)の方がよいと思います。

413. Old and physically handicapped, he had courage enough to do the work. 年をとり、身体も不自由であったが、彼にはその仕事をする気力があった。

「譲歩(Though he was old and physically handicapped)」の分詞構文というわけでしょうが、分詞構文ではまず「原因・理由」の意味にとられるので、こういう表現はしないようにしてください。「譲歩」の意味を表す分詞構文を使う場合は、Admitting that~もしくはGranting that~のいずれかを使うのみに限定するのが無難です。

414. A strange fellow, he never speaks unless (he is) spoken to. 奇妙な男で、彼は人から話しかけられないと口をきかない。

Being a strange fellow (奇妙な男なので)のbeingが省略された形ですが、こういう英語はネイティブでもまず書かないので、英語で小説を書こうと思っていない限り、このような奇抜な英文は書かないように気をつけてください。

415. Their conversation being in Chinese, I did not understand a single word. 彼らの話は中国語だったので、私にはひと言もわからなかった。

<Their convesation being in Chinese = Since their conversation was in Chinese>ということ? their conversation was in Chineseって英文はおかしいですね。

417. The Milky Way is a vast belt of distant stars, each star a sun like our own. 天の川は、遠方の星が巨大な帯状に見えるものであって、その一つ一つは、われわれの知る太陽に似たものである。

“a vast belt of distant stars”の検索数は55。ほぼすべてが「700選」がらみです。 “each star a sun like our own”の検索数は8つ。7件が「700選」がらみ。分詞構文も変です。独立分詞構文という形をとっていますが、stars, each star a sunと名詞が3つ続く文を書くことはお勧めできません。

418. I stood still, my whole attention fixed on the movements of her fingers.

この英文は、ヘレン・ケラー(Helen Keller)のThe Story of My Life: The Restored Classicから引用されているようです。

6月 3, 2011 · Pukuro · No Comments
Posted in: ×基本英文700選

Leave a Reply