verbatim―「一語一句そのままに」

Pocket

社会学や看護学ではインタビューを用いた研究がよくおこなわれますが、その一つにsemi-structured interviewというものがあります。Wikipediaにはこういう説明がなされています。

A semi-structured interview is a method of research used in the social sciences. While a structured interview has a formalized, limited set questions, a semi-structured interview is flexible, allowing new questions to be brought up during the interview as a result of what the interviewee says. The interviewer in a semi-structured interview generally has a framework of themes to be explored.

However, the specific topic or topics that the interviewer wants to explore during the interview should usually be thought about well in advance (especially during interviews for research projects). It is generally beneficial for interviewers to have an interview guide prepared, which is an informal “grouping of topics and questions that the interviewer can ask in different ways for different participants”.  Interview guides help researchers to focus an interview on the topics at hand without constraining them to a particular format. This freedom can help interviewers to tailor their questions to the interview context/situation, and to the people they are interviewing.

semi-structured interviewは半構成的面接とも半構造化面接とも訳されますが、質問項目や質問順序が細かく決まった「構造化面接」と、カウンセリングや心理療法のようにとくに質問項目を定めない「非構造化面接」の中間にあるのが「半構造化面接」です。質問項目はちゃんと決めますが、その答えがYES/NOにならず、自分の思ったこと、感じたことを自由に言えるように、「~についてあなたはどう思いますか」といった漠然とした内容にします。

半構成的面接で大変なのは、インタビューで得た回答をまとめて、整理することです。基本的に自由回答なので前もってカテゴリーを作って回答内容を仕分けるのではなく、発言したものをすべて一語一語タイプし、それを帰納的に(inductively)に整理してカテゴリーとサブカテゴリーを作成しないといけません。

このテープに録音した発言内容を文字に起こすことをtranscribeと言いますが、「一語一句そのままに」はverbatimという形容詞・副詞表現が使われます。Cambridge Advanced Learner’s Dictionaryには、verbatimはusing exactly the same words as were originally usedと説明されています。word by word, exactlyということです。日常会話では「逐語的な(に)」はword for wordというイディオムの方がよく使われます。でも論文英語では代わりにverbatimという表現が使われます。副詞っぽくないので、使いこなすのが非常に難しい単語といえます。以下、例文です。

She had an amazing memory and could recall verbatim quite complex conversations.(彼女は記憶力がすごく良くて、本当に複雑な会話も一言一句正確に思い出すことができる)

The interviews were taped and transcribed verbatim. (インタビューは録音されて、一語一語違えず文字に起こされた)

形容詞的には、Is verbatim transcription of interview data always necessary?という風に書けますが、verbatimという単語は形容詞っぽくないので、最初は違和感を感じるかもしれません。ちなみにの例文はある看護学系論文のタイトルです。興味があれば是非読んでみてください。http://web.nmsu.edu/~jalmjeld/EmpiricalResearch/PDFs/transcription_interview_data.pdf

 

9月 11, 2011 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英作文豆知識

Leave a Reply