和製英語バッシングはパスしよう

Pocket

ビジネスホテルに到着。モーニングコールを頼んで夜11時に就眠。翌日、朝からマンション(自宅は9階)のリフォームの打ち合わせ。見積りが高すぎてクレームをつける。会社に戻ってアンケート調査の打ち合わせをしていると、アルバイトの女子大生から突然アタックされる。うれしながらもやんわりと断って、お店でホッチキスバンドエイドを買って帰宅。
business hotel, morning call, mansion, reform, claim, enquete, arbeit, attack, hotchkiss, band-aid

和製英語がてんこもりの文章ですが、1つだけ問題なくアメリカで普通に通用する英単語があります。どれでしょうか?

山田順という人が「どじょう首相もびっくり!? ネットの和製英語をなんとかしてほしい!」という記事で奇妙なことを言っています。
http://tf.digital-dime.com/entame/sns/11/09/post_186.html

和製英語を止めろという趣旨の記事なのですが、なぜタイトルに野田首相が登場するのか意味不明です。和製英語を何とかしろと言いながら<!?>を使うのは単なる余興?

私は以前から、日本人は日本語のモノリンガルを脱し、英語とのバイリンガルになるべきだと主張してきた。その理由はいたって単純。英語がいまや世界標準語 になってしまったからだ。世界に標準語ができた以上、それは一回きりのことで、この先ほかの言語が英語に代わって標準語になることはない。だから、それを 話せないということは大きなハンデを背負うことになる。
 今後の日本人がそのハンデを背負い続けると、ビジネスも経済も、そして日本文化も大変なことになるだろう。日本語しか通じない極東郡日本村は、世界から大きく取り残され、人々はどんどん貧しくなってしまうだけだ。

たしかにハンデなんて和製英語は日本でしか通用しないだろうな。

山田さんによれば、「日本人はもともと優秀なのだから、小さいときから英語をやれば、たちまち話せる」のだそうです。へーえ、そうなんですか。優秀さって相対的な概念ですけど、だったらどの民族が優秀じゃないんでしょうね。

http://www.ets.org/Media/Research/pdf/test_score_data_summary_2009.pdf
によると、日本人が母国語の人(つまり日本人)のTOEFL iBTの平均スコアはReading 17点, Listening 16点, Speaking 16点, Writing 18点のTotal 67点です。アジア諸国のランキングは以下のようになります。
1. シンガポール 99点
2. インド 90点
3. マレーシア 88点
3. パキスタン 88点
3. フィリピン 88点
6. ブータン 85点
7. バングラデシュ 82点
8. 韓国 81点
8. キルギスタン 81点
8. スリランカ 81点
8. 香港 81点
12. トルクメニスタン 80点
13. インドネシア 79点
14. ネパール 77点
15. 中国 76点
15. カザフスタン 76点
15. ウズベキスタン 76点
18. 北朝鮮 75点
18. モンゴル 75点
20. アゼルバイジャン 74点
20. 台湾 74点
20. タイ 74点
23. アフガニスタン 71点
24. マカオ 70点
24. ミャンマー 70点
24. ベトナム 70点
27. カンボジア 68点
28. タジキスタン 67点
28. 日本 67点
30. ラオス 60点

「優秀だと英語ができる->英語ができないと優秀ではない->日本人は英語ができないから優秀ではない」なんて短絡的な三段論法も言い始めないかとちょっと不安です。

山田順さんによれば、日本人が英語ができないのは和製英語が氾濫しているからだそうです。

今後、私たち日本人もグローバルなネット世界で生きていく以上、その第一歩として一刻も早く和製英語を止めてほしいと、私は思う。現在の日本人はバイリンガルではないので、母国語でない言葉はなんでもかんでも母国語化してしまう。とくに英語はカタカナ語に変えてしまう。
 こうすると、本来の意味がわからなくなることも多い。

たとえば、スマートフォン(smart phone)は、いつの間にか「スマホ」になった。日本村ではこれでいいが、ときどき、英語でもスマホと言ってしまい、英語人間にキョトンとされることがある。

中国語にはカタカタみたいな便利なものはないから外来語をいちいち漢字で表記しないといけません。スマートフォンは中国語で智能手机と言います。しかし、英語をしゃべっているときにsmartphoneをついスマホといってしまう日本人ってどれだけいるんですか?多少英語の語感を習得していれば、英米人はsmartphoneをsma-phoとは略しないなんてすぐわかるでしょう。

なんでも略すのはいいが、これは日本村でしか通じない。たとえば、日本では映画評論家まで、ジェニファー・ロペスを「ジェニロペは素晴らしい」なんて言っている。しかし、英語界では「ジェイロー」だ。略し方が違う。これでは、ハリウッド村では出入り禁止だ。

ハリウッド村なんて行かないからご心配なく。ジェイローを知らなくても、彼女に会ったら(もしもね)<Hi, Jennifer.>と言えばいいこと。どこのバカが彼女に<Hello, Jeni-Lope.>なんて言うんですか。

その他、パソコンはPC、ノートパソコンはlaptop、デスクトップはdesktop PC、@はat sign、バージョンアップはupgrade、ネットショッピングはe-shoppingと和製英語を羅列し続けますが、日本人が英語ができないの和製英語が蔓延しているからって本当?

英語圏の国に長く暮らしたことのある人であれば、誰でも知っていることですが、和製英語のせいで英語が困ることって特にありません。私の場合、それで失敗したのは一度きり。ちょうどその日は寝ぼけていて、マクドナルドでTake out, please.と言ったら店員に怪訝な顔をされました。すぐ気づいて、Oh, I’m sorry.  To go, please.と言い直しましたが、日本語で言うテイクアウトは英語ではTo go.となります。

それはともかく、カタカナ英語をそのまま使って、My pasokon is…とかI’m doing version-up now.と言ったり書いたりする日本人ってどれだけいるんでしょうか。新出語をはじめて使うときは辞書で調べる。この原則を守ればいいだけのことです。

和製英語じゃなくても、日本語風発音でコーヒーやアップルと言ってもアメリカ人には通じませんからね。日本語と英語は発音がまったく違うんだから、何だって日本語化するときはデフォルメされますよ。

大事なのは、英語を学んでいるときはできるだけ日本語に接しないことです。英文を読んでいてpasokonなんて単語に出会うことなんてありません。日本語の介入なしに英語に接することができないから和製英語に惑うんですよ。どこのバカがポケットモンスターのことを英語でPokemonと略して言いますか?

あっ、英語ではポケモンはつねにPokémonで、pocket monsterと言われることはないのであった(^^;)。日本語風略称がそのまま英語になることもなるんだから、和製英語批判なんて話は聞き流すだけにしておきましょう。

 

PS 最初のクイズの答えはband-aidでした。その他はすべて間違いです。

 

 

 

 

10月 4, 2011 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英単語豆知識

Leave a Reply