クレヨンしんちゃんの英語 Shin’s Allowance

Pocket

クレヨンしんちゃんはShinchanというタイトルでDVDがアメリカで売られています。日本語音声も英語字幕もないのに加えて、早口・スラング満載なので、英語学習向きのDVDではありませんが、とにかく面白いです(ある程度英語を聴き取れればの話ですが。おそらくTOEIC800点くらいの人だと何を言っているのかさっぱりって感じでしょう)。セリフの内容もアメリカ人向けにかなりアレンジされているので、オリジナルの日本語セリフではどういったセリフだったのか想像がつかない場面がよく出てきます。例えば、しんちゃんがお小遣いを上げろと家の中で抗議デモをする場面で、ママがHistory Channelを見せなきゃよかったとつぶやきますが(もちろん英語で)、ヒストリー・チャンネルのデモ活動(キング牧師の黒人差別廃止デモのドキュメンタリーとかがよく放映されます)を見せたから、しんちゃんがprotest rallyのまねをしたというニュアンスはアメリカ人でないと理解できません。

しんちゃん英語アニメはAmazonで購入できます。ボックスセットはDVDが2枚はいって、13エピソード(300 minutes)が収録されています。ボックスセットが6巻発売されています。

では最初のエピソード Shin’s Allowanceから。

日本語タイトルは「おこづかいをもらいたいゾ」だったみたいです。「こづかい」はよくpocket moneyと訳されますが、ここではallowanceとなっていますね。イギリスではpocket money、アメリカではallowanceという感じでしょうか。

おこづかいが欲しいぞとせがむしんちゃんに対してママはこう言います。

Listen, Shin.  How can you handle an allowance when you can’t even wipe your own ass?

handle an allowanceで「こづかいを管理する」。ここでのhandleはbe in charge ofという意味で理解して下さい。assは「お尻(の穴)」。wipe A’s assで「お尻を拭く」。assはスラングなので代わりにclean one’s bottomと言ったほうがよいです。「ねえ、しんちゃん。自分でお尻もふけないのにお小遣いを管理できるわけないでしょ!」

こづかないなんてあげないというママに対して、しんちゃんは脅しにかかります。

Until you give me an allowance I vow never to pee again.

vowは「~を誓う」と訳されますが、要するにmake a determined decision or promise to do somethingということです。「~をするぞと固い決意をする」というわけですね。「する」ではなくて「しない」という決意であればvow not to。その強調形がvow never toです。peeは「おしっこをする」という意味の幼児語。wee-weeとも言います。「小便をする」はurinateですが、実際の英会話では<I want to urinate.>と言う機表現を使わなくて大丈夫です。I want to go to a bathroom (もしくはrestroom).と言えばいいからです。「お小遣いをくれないと2度とおしっこしないぞ」

クレヨンしんちゃんを日本語で見たことがないから、日本語訳が難しい(-_-)。

 

12月 4, 2011 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・アニメ英語

Leave a Reply