Japan Journal of Nursing Scienceがオンライン化

Pocket

日本の看護系学術誌の中でもっとも論文審査が厳しいとされる日本看護科学学会発行の英文誌Japan Journal of Nursing Science(JJNS)が全面的にオンライン化されたそうです(http://jans.umin.ac.jp/jjns/)。

過去3年間の投稿数は350。そのうち掲載が認められたのは69論文。採択率は19.7%です。採択率20%という数字は非看護系の分野ではとくに低いわけではありませんが、JJNSは日本で発行されている唯一の英文誌なので、ここで非採択になると再投稿先が見つからず大変な思いをする人も多いかと思います。そうなるとわざわざ英語で書いたのにと後悔しきり、ということになりかねません。オンライン化することで論文採択数が増えるはずなので、JINSに論文を投稿する場合はとにかく「ぜったい採択してもらう」と気合いをはって英語論文を書くようにしてください。それでも不採用だった場合は思い切って海外の看護系英文誌への投稿を考えてみてください。

English Studioでは和文論文の英文アブストラクト校閲をメインにやっていますが、英語論文の校正もご要望があればおこなっています。なにかご質問等があればお気軽にsanctio@gmail.comまでご連絡ください。

3月 10, 2012 · Pukuro · No Comments
Posted in: ★学会

Leave a Reply