英語の総合力向上のための確認事項

Pocket

本講座では大学入試に必須の英単語を4,800語覚えますが、当然のことながら英単語だけを覚えても英語の試験で満点はとることはできません。本講座ではボキャブラリー力以外の英語力もつくように構成されていますが、本講座ではカバーできない分野もあります。『例文で覚える英単語4800http://www.sanctio.jp/reibun』の受講者の方は、そういった分野に関する分野の学習法についてもお気軽にご相談ください。以下、いくつかのチェックポイントについてだけ述べておきます。

(1) 英単語
本講座よりもちゃんとした英単語講座はないかと思います。英単語は本講座だけしっかりこなしてください。超基礎語1,200語を除外していますので見出し語4,800語を覚えれば6,000語レベルのボキャブラリー力がつきます。

(2) 英熟語(イディオム)
本講座の例文には600ほどのイディオムがでてきますが、これだけでは不十分です。別にイディオムを覚える必要がありますが、イディオムの暗記は注意が必要です。英語のイディオムは無尽蔵にあるのでここまでやれば十分という分岐点を設定できません。た大学入試によく出る論説文といったかたい文章ではイディオムはあまり使われないので500程度の重要イディオムを確実に覚えたら、残りは英文を読んでいるときに大事そうなイディオムを見かけたときにそれをひとつずつこつこつ覚えれば大丈夫です。

(3) 語法
本講座では英単語を例文を通して覚えますので英単語の語法もいっしょに習得することができます。別に語法を学習する必要はありません。

(4) 英文法・構文
本講座の例文にでてくる重要な英文法・構文項目はすぺて、毎日配布する解説でとりあげます。1日分の35~40の例文で出てくる重要な英文法項目の数は5~10です。旺文社の『表現のための実践ロイヤル英文法』で該当箇所を示しますので受講者の方は必ず購入しておいてください。ただし英文法に関しては本講座だけですべてをカバーすることはできません。受講生の方は英文法の学習法についてお気軽にご相談ください。

(5) 英文読解
本講座では20~40ワードの長さの例文を4,800学びますが、それだけでは不十分なので英文読解は別に必ずやってください。ボキャブラリー力がつくと自ずから英文も読めるようになるのでこつこつ英文をリーディングして文章問題を一番の強みにしましょう。

(6) 英作文
英作文は、英単語を覚えて、英文法・構文と語法をしっかり習得すればとくに学習する必要はありません。そもそも翻訳者でもない高校生が辞書なしで日本語の文章を簡単に英訳できるわけがないのですから(ちなみに翻訳者は辞書を使って英訳します。辞書なしで和文英訳するのは受験生くらいなものです)。英作文は英借文とはよくいったものです。英作文の問題を解く暇があったら重要な英語構文をひたすら覚えていきましょう。

(7) 発音・リスニング
英単語の発音は一つずつ確実に習得しなければいけません。市販の英単語集にはCDがよくついていますが、CDは目当ての英単語の発音を確認するのに不便なので電子辞書がネット辞書の方が発音確認は便利です。リスニングは日本のアニメの英語版を利用することをお薦めします。本講座の例文の多くは日本のアニメのセリフからとってきていますので英語版アニメを視聴するとボキャブラリー力とリスニング力の相乗効果も期待できます。

3月 25, 2013 · Pukuro · Comments Closed
Posted in: #例文で覚える英単語(受講者用)