『天空の城ラピュタ』の英語セリフ

Pocket

今夜は、久々にテレビで『天空の城ラピュタ』が放映されるので、英語版のラピュタを見ました。英語版タイトルはCastle in the Skyです。英語版ラピュタはAmazonで個人輸入できます。$20程度。日本語音声もちゃんと収録されています。日本で販売されているDVD機器では再生できないので注意(リージョン・コードを変えればパソコンで見ることができます)。

Castle in the Sky

英語版で一番気になるのがパズーの声。おっさん声です^^;。『魔女の宅急便』のジジの声も中年の叔父さんが担当しているのがおっさん声です。これを我慢できれば英語版も楽しめます。セリフの英訳はかなり日本語オリジナルに忠実です。ただし、意訳したり全く違うセリフにしていたりすることもあります。例えば、最後の場面でシータと話しをさせてくれとパズーが頼むと、ムスカが「3分間待ってやる」と返事しますが、英語版では1分間しか待ってくれません。
I’ll give you one minute, starting now.
と言いますが、ムスカは50秒後には「時間だ」と言うので、英語版の方がつじつまがあっています。

英語版では日本語のセリフがどうなっているか気になったので確認してみました。

 

 

パズー「おじさん、肉団子2つ入れて」
I need some meatballs for the boss, please.

おじさん「めずらしく残業かい」
All right. You’re sure worked late tonight, Pazu.

パズー「うん、今日は久しぶりに忙しいんだ」
You’re not kidding. Things are finally busy for a change.

 

 
パズー「なんだろ…」
What is that?

パズー「人だ!」
Looks like a body! Whoa!

親方「パズー!、そこで何してる!。飯はどうした!」
Pazu! What are you doing up there? Did you bring my dinner?

パズー「親方!、そ、空から女の子が…」
Yeah, I did! But this girl came down from the sky! Ohh…

パズー「親方!空から女の子…」
Listen, Boss! A girl came…

 

 

 

ドーラの息子「だめだママ、真っ暗で何もわからないよ」
Mom, it’s no use. Let’s call it off. There’s too much cloud cover. It’s too dark.

ドーラ「ちゃんと探したんだろうねぇ。しょうがない、明るくなってから出直しだ」
What? We’ll all find her! And call me captain!

 

 

パズー「安心した。どうやら人間みたいだ。さっきまでひょっとすると天使じゃないかって心配してたんだ」
Well, thank goodness. You laugh like a regular person. The way you fell from the sky… I thought maybe you were an angel or something.

シータ「ありがとう、助けてくれて。私シータって言うの」
Thank you very much for saving me. Oh, I’m sorry. My name’s Sheeta.

パズー「シータ。いい名前だね。驚いちゃった。空から降りて来るんだもん」
Sheeta… what a beautiful name. I had to catch you. You were just floating and I…

シータ「そうだわ。私どうして助かったのかしら。飛行船から落ちたのに…」
What? Floating? Well, I remember an airship, but I can’t remember anything else.

パズー「覚えてないの?」
That’s all you remember?

シータ「うん…」
Mm-hmm. I’m not sure how I survived.

 

 

 

 

パズー「それ、父さんが飛行船から撮った写真なんだ。ラピュタっていう空に浮いている島だよ」
My father took that picture from an airship. He loves to fly. It’s Laputa… the floating island.

シータ「空に浮いている島?」
An island that floats in the sky?

パズー「うん。伝説って言われてたけど、僕の父さんは見たんだ」
Yep. Most people think it’s just a legend, but my dad actually saw it.

 

 

 

 

パズー「オートモービルだ。珍しいなぁ」
Wow, it’s a real automobile! You don’t see many those around here!

シータ「あの人たち海賊よ」
Those people are pirates, Pazu.

パズー「え?」
What?

シータ「飛行船を襲った人たちだわ」
There’s the ones who attacked the airship.

パズー「シータを狙ってるの?」
They’re probably after you.

シータ「さあ」
Huh.

パズー「早くこっちへ!」
Come on!

 

 

 

パズー「あいつら海賊だ!。この子を狙ってるんだ!」
Hey, boss, they’re pirates! They’re after her!

マッジ「海賊?見るぅ~」
Pirates! I want to see!

 

 

 

おかみさん「この隙に裏からお逃げ!」
Quick, leave from the back.

パズー「僕も闘う!」
No, I’m gonna fight them!

おかみさん「相手は武器を持ってんだよ」
Pazu, what if you wind up getting yourself hurt?

パズー「でも!」
So?

おかみさん「いい子じゃないか、守っておやり」
So, somebody’s got to protect your friend.

 

 

 

おかみさん「誰がそのシャツを縫うんだい?」
I’m not mending that, I hope you know.

 

 

 

機関士「パズー、仕事サボってデートか?」
Hey, Pazu, who’s your friend there?

パズー「悪漢に追われてるんだ!」
Her name is Sheeta! Pirates are after us!

機関士「はぁ?」
セリフなし

パズー「ドーラ一家だ」
It’s the Dola gan!

機関士「海賊かい、おい!」
Pirates?

 

 

 

ドーラ「このバカ息子ども!、さっさとお乗り!」
You chowderheads! Get your brother and hop on!

ドーラの息子「え?だって、女の子はあそこに…」
But Sheeta’s hiding inside that house.

ドーラ「裏口からとっくに逃げたよ。出しな!」
They made an escape. Now, step on it!

 

 

 

ドーラ「すごい、欲しい!」
Boys, I want that crystal!

ドーラ「素晴らしい。必ず手に入れてやる」
It’s fantastic! Incredible! I must have that crystal!

 

 

 

 

シータ「ひどい目に遭ってないかしら。親方さんや機関士さん達…」
I hope they’re all right – your boss and his wife and that nice train engineer.

パズー「大丈夫。鉱山の男はそんなにヤワじゃないよ」
My friends are all miners. They can take care of themselves. I wouldn’t worry about them if I were you.

 

 

 

シータ「嬉しい!おなかペコペコだったの」
Thank you. I’m glad you brought some food. I’m starving.

パズー「あと、りんごが1個に飴玉が2つ」
And for dessert, I’ve got a green apple and some candy.

シータ「わぁ、パズーのかばんって魔法のかばんみたいね。なんでも出てくるもの」
Really? You know, that bag of yours must be magic. It’s always got just what we need.

パズー「ドーラも黒眼鏡も、その石を狙ってるんだね」
I think Dola and that man are both after your necklace.

シータ「でも、この石に不思議な力があるなんて、私ちっとも知らなかった。ずっと昔から家に伝わってきたもので、母が死ぬとき私にくれたの。決して人に渡したり、見せたりしちゃいけないって…」
I think you’re right, but I had no idea my crystal was so incredibly powerful. It’s been in my family as long as I can remember. Mother gave it to me before she died and she told me never to show it or give it away to anyone.

シータ「ごめんね。私のせいでパズーを酷い目にあわせて」
I’m really sorry. It’s my fault getting you mixed up in all this.

パズー「ううん、君が空から降りてきたときドキドキしたんだ。きっと素敵なことが始まったんだって」
Are you kidding? This is the most exciting thing that’s ever happened to me. I wouldn’t miss an adventure like this for anything in the world!

 

 

 

 

ポムじいさん「子鬼だ。子鬼がおる」
Are you some sort of goblin come to torment me?

パズー「道に迷っちゃったんだ」
Uncle Pom, boy, am I glad to see you!

ポムじいさん「はて、パズーに良く似た子鬼だ。おまけに女の子の子鬼までおるわい」
I can’t see you clearly yet, goblin, but you sound like Pazu. And if these old eyes don’t deceive me, there’s a she-goblin with you.

パズー「僕たち、海賊に追われてるんだ」
There are pirates chasing us, Uncle Pom.

ポムじいさん「ほおぅ」
Oh?

パズー「軍隊にも追われてるんだ」
And the army’s right behind them.

ポムじいさん「ほっほっほ。そりゃ、豪儀だなぁ」
Ha ha ha! That sounds absolutely splendid!

 

 

 

 

 

ドーラの息子「いっちゃったよ」
It’s flying away.

ドーラの息子「船へ帰ろうよママ」
Mom, can we go back to the ship now, please?

ドーラ「静かすぎる。こういうときは、動かないほうがいい」
It’s too quiet. We better just stay put for the time being. Now quit whining.

 

 

 

 

パズー「わあぁ、すごい雲」
Wow, look up there!

パズー「あの雲の峰の向こうに、見たことのない島が浮いてるんだ。やるぞぉ。きっとラピュタを見つけてやる!」
Beyond that cloud is a floating city that no one here on earth believes exists. But I swear – I am going to be the one to prove it!

シータ「パズー…。私、まだ言ってないことがあるの。私の家に古い秘密の名前があって、この石を受け継ぐとき、その名前も私継いだの。私の継いだ名はリュシータ。リュシータ・トゥエル・ウル・ラピュタ…」
Pazu? Listen, there’s something I haven’t told you yet. You see, my family has a very old traditional name, and when the stone was passed on to me, I inherited that name. And the name I inherited was Lusheeta Toel Ul Laputa.

パズー「ラピュタ…。そ、それじゃあ…」
Laputa? You mean you’re…

 

 

 

 

ムスカ「来たまえ。是非、見てもらいたいものがある」
Please step inside. Look there.

シータ「これは…」
What is it?

ムスカ「すさまじい破壊力を持つロボットの兵隊だよ。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう」
An artificial life form. It’s called a robot. Laputa was just a legend till this dropped from the sky.

ムスカ「こいつは、地上で作られたものではない。この体が金属なのか粘土なのか、それすら
我々の科学力ではわからないんだ。ここを見てくれ。怯えることはない。こいつは初めから死んでいる」
Now the government wants me to unlock Laputa’s secrets. For example, what’s this fellow made of – metal or ceramics? With our limited technology, we have no idea. But he does tell us one thing. Come and see. Don’t be afraid, Sheeta. He’s really quite dead, you know.

ムスカ「そこだ」
Look there.

ムスカ「同じしるしが、君の家の古い暖炉にあった。この石にもね」
Yes. It’s the same emblem that decorates the fireplace in your home. And your crystal.

ムスカ「こいつは君の手にあるときにしか働かない。石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ帰るときの道標として君に受け継がれたんだ」
You see, Sheeta, this crystal also comes from Laputa. And I believe the powers locked inside it are capable of leading a person back to that city’s treasures.

シータ「そんな、私なんにも知りません!。
Then why? Why don’t you just take it?

石が欲しいならあげます。私たちをほっといて…」
Just take it and keep Laputa’s treasures for yourself but leave Pazu and me alone, please!

ムスカ「君は、ラピュタを、宝島か何かのように考えているのかね。ラピュタはかつて、恐るべき科学力で天空にあり、全地上を支配した恐怖の帝国だったのだ。
Oh, you really are being very silly about this. You think I’m doing this for money? You understand nothing. According to the legend, the same technology that kept Laputa airborne also made it a major power that once dominated the entire planet.

そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら、平和にとってどれだけ危険なことか、君にもわかるだろ。
If such a horrible thing is still floating up there, you can understand what a threat it is to the peace of the world.

私に協力して欲しい。飛行石にラピュタの位置を示させる呪文か何かを、君は知っているはずだ」
Sheeta, the stone only works for you. You must know of some way to make the stone point out the location of Laputa.

シータ「ホントに知らないんです。パズーに会わせてぇ」
I really don’t know anything. Please let me see Pazu!

ムスカ「私は手荒なことはしたくないが、あの少年の運命は君が握っているんだよ」
I don’t want to see any harm come to anyone but I simply can’t control what the military might do to him.

シータ「えぇ!?」
What?

ムスカ「君が協力してくれるんなら、あの少年を自由の身にしてやれるんだ、リュシータ・トゥエル・ウル・ラピュタ」
In the event that you cooperate, I’m sure whosever is in charge will grant Pazu his freedom, Lusheeta Toel Ul Laputa.

シータ「どうしてそれを…」
You know my real name.

ムスカ「ウルはラピュタ語で王、トゥエルは真(まこと)。君はラピュタの正当な王位継承者、リュシータ王女だ」
“Ul” means “ruler” in Laputian. “Toel” means “true.” You are the legitimate heir to the throne of Laputa. Princess Lusheeta.

 

 

 

 

ムスカ「パズー君、君を誤解していた。許してくれたまえ。君がこの方を海賊から守るために、奮戦してくれたとは知らなかったんだ」
Pazu, I’m so so sorry. There’s been a grave misunderstanding. We had no idea how nobly you fought to protect our little Sheeta from those awful pirates.

パズー「シータ、一体…」
What’s he talking about?

シータ「パズー、お願いがあるの。ラピュタのことは忘れて…」
Pazu, do this for me. Forget about Laputa.

パズー「なんだって…」
What are you saying?

ムスカ「ラピュタの調査は、シータさんの協力で軍が極秘に行うことになったんだ。君の気持ちはわかるが、どうか手を引いて欲しい」
It’s been decided that the search for Laputa will be made secretly by the army with Sheeta’s cooperation. Really, the best thing you can do is forget you ever heard of the place.

パズー「シータ、本当?だって…」
Forget about Laputa?

シータ「ごめんなさい色々迷惑かけて。ありがとう。パズーのこと忘れない。」
I’m sorry I caused you so much trouble. I hope someday you can forgive me.

パズー「まさか、シータ。約束したじゃないか!」
I can’t forget! No way! Laputa means too much to both of us!

シータ「さよなら…」
Good-bye!

パズー「シータ!。待って、シータ!」
Sheeta! Aah! Come back!

ムスカ「君も男なら、聞き分けたまえ」
Now, behave, little boy.

パズー「シータ!…」
Sheeta!

ムスカ「これはわずかだが、心ばかりのお礼だ。取っておきたまえ」
Here, take this – a little something to show our appreciation of your efforts.

 

 

 

ムスカ「思い出したまえ、この石を働かせる言葉を。約束さえ果たせば、君も自由になれる」
Only you can do it. Remember the words that bring the crystal to life. Keep your promise, and you too will be free.

 

 

 

パズー「出てけ!。ここは僕の家(うち)だぞ!」
Get out! Aah! Get out, or I’ll throw you out! This is my house!

ドーラ「偉そうな口を利くんじゃないよ。娘っ子ひとり守れない小僧っ子が」
Oh, you don’t scare me. You can’t even protect one small girl!

パズー「なにぃ」
What do you mean?

ドーラの息子「こいつ金貨なんか持ってら」
Hey, Mom, can I keep this money?

ドーラ「やれやれ、娘を金で売ったのかい?」
Up and sold the little girl, did you? I know your type.

パズー「違う!。そんな事するもんか!」
You don’t know what you’re talking about!

ドーラ「その金で手を引けって言われたんだろうが」
They offered you money and you took it, didn’t you?

パズー「シータがそうしろって言ったんだ。だから…」
I only left because Sheeta told me to! That’s why.

ドーラ「で、いじけてのこのこ帰ってきたわけかい。それでもお前、男かい。えぇ?」
So, you believed her, and you came back here, right? You’re just a scared little boy who runs away!

パズー「威張るな!。お前たちだってシータを狙ってるじゃないか!」
Says you! You don’t even have the guts to stand up to Muska and the army!

ドーラ「当たり前さね。海賊が財宝を狙ってどこが悪い!
He who turns and runs away can steal the treasure another day!

おかしなのはあいつらだ。なぜこそこそ娘をさらったりするんだ」
Don’t you think it’s kind of strange that the army’s gotten into the kidnapping business?

ドーラ「お前あいつらがあの子を生かしておくと思うのかい?」
You really think they’ll keep her alive? Don’t you see that they forced her to make a deal?

ドーラ「シータがそう言ったぁ?。バーカ。お前を助けるために脅かされてやったに決まってるじゃないか」
She saved your life. Get it?

ドーラの息子「良くわかるねぇ、ママ」
Mommy, you amaze me. How do you know these things?

ドーラ「だてに女を50年やってるんじゃないよ。泣かせるじゃないか、男を助けるためのつれない仕草。あたしの若い頃にそっくりだよ。
Well, you can’t be a sensitive woman like me without learning a few things. Sheeta and I are exactly alike – all warm and mushy and sensitive.

お前たちも嫁にするんならああいう娘にしな」
Now, so when you boys get married, you go find a gal like her.

パズー「シータをさらいに行くの?」
Wait! Are you going to rescue Sheeta?

ドーラの息子「嫁はいらねぇ、飛行石さ」
No, you little squirt. We want her crystal.

パズー「石だけじゃダメだ。あの石はシータが持たないと働かないんだ。おばさん!、
Wait a minute! You’ve got to have Sheeta to make the aetherium crystal work. Otherwise, it’s useless!

僕を仲間に入れてくれないか。シータを助けたいんだ…」
Dola, please let me come with you! I need to save her! Sheeta means everything to me.

ドーラ「あまったれんじゃないよ!。そういうことは自分の力でやるもんだ」
You know something? You’re acting like a sniveling little crybaby.

パズー「そうさ。僕がバカじゃなくて力があれば守ってあげられたんだ。ラピュタの宝なんか要らない。お願いだ」
Maybe you’re right. I should have protected Sheeta, but instead, I was stupid and angry. But let me come with you and I swear I’ll protect her this time!

ドーラの息子「ほう、泣かせるぅ」
Pazu loves Sheeta.

ドーラ「おだまり!」
Be quiet!

ドーラ「その方が娘が言うこときくかもしれないね。二度とここへは帰れなくなるよ」
Hmm. Guess you’ll be useful in getting Sheeta to cooperate. You might never come back here again, Pazu.

パズー「わかってる」
I know.

ドーラ「覚悟の上だね?」
Ready for what might happen?

パズー「うん」
Mm-hmm.

ドーラ「40秒で支度しな!」
We leave here in one minute!

ドーラ「ぐずぐずしてると夜が明けちまうよ」
Hurry! We have to get there before sun up!

 

 

 

 

 

ムスカ「聖なる光で、ロボットの封印が解けたのだ。ラピュタへの道が開けた。来い!。」
The force of the sacred light has brought the robot back to life! The way to Laputa has been opened!

シータ「いやぁー!」
Let me go!

 

 

 

ムスカ「あの光の差す方向に、ラピュタがあるのだ」
Finally, I now know the way to Laputa.

 

 

ムスカ「私がムスカ大佐だ。ロボットにより通信回路が破壊された。緊急事態につき、私が臨時に指揮をとる。
This is Colonel Muska. We have an emergency. You’ll take your orders from me now.

 

 

ドーラ「どうしたんだい、まるで戦だよ。」
Would you look at that? Must be some kind of war going on!

パズー「行こう、おばさん!」
Take her down, Dola!

ドーラ「船長とお呼び!」
Call me captain!

 

 

 

ドーラ「このまま行くとあいつの弾幕に飛び込んじまう。出直しだ!」
If we stay on this heading, we’ll be in the line of fire. Change course!

パズー「あそこだ!。シータがいる!」
Look! There she is! It’s Sheeta!

ドーラ「なにぃ!?」
What?

ドーラ「どこだってぇ!?」
Where’s you see her?

パズー「このまま真っ直ぐ飛んで!。小さな塔の上にいる!」
Steady as she goes, captain! She’s on top of that tower!

ドーラ「女は度胸だ!。お前たち、援護しな!」
One for all and all for mom! Cover me!

 

 

 

シータ「放してぇー!」
But they’re here to help me! Please, put me down!

 

 

パズー「上がれぇー!」
Oh, come on, pull up!

ドーラ「最後のチャンスだ、すり抜けながらかっさらえ!」
It’s now or never, Pazu. I’ll take us in, and you grab her.

パズー「はい!」
Right!

 

 

 

ムスカ「聖なる光を失わない。ラピュタの位置を示している。
It still possesses its scared light, pointing to Laputa.

将軍に伝えろ、予定通りラピュタへ出発すると」
You may now go tell the general for me. We will be departing on time.

 

 

 

ドーラの息子「いいなあ…」
Sheeta, you OK?

ドーラの息子「信じられるか?。あの子がママみたいになるんだぞ」
If I did something wrong, I’d really like to apologize for it, Sheeta.

ドーラ「お前の谷だ。まったくとんでもない無駄足だったよ」
Here’s your valley up ahead. I’ll drop you off there, and that’ll be that.

 

 

 

パズー「おばさん、僕たちを船に乗せてください」
Dola, will you let us sail with you and the boys?

ドーラ「船長と言いな。飛行石を持たないお前たちを乗せて何の得があるんだい」
Call me captain, darn it! I don’t see what the heck’s in it for me since you’ve lost the aetherium crystal!

パズー「働きます」
We can work.

シータ「ラピュタの本当の姿を、この目で確かめたいんです」
And I have to find out the real truth about Laputa for myself, captain.

ドーラ「ふん、宝は要らないとかラピュタの正体を確かめるとか、海賊船に乗るには動機が不純だよ」
So, you’re not interested in money, but you want to find out the truth about Laputa. Heh heh. Well, I guess there’s the worst5 reasons for you wanting to become a pirate.

ドーラの息子「ママ、連れてくの?」
Mother, I say let them come along.

ドーラ「変な真似したらすぐ海に叩きこむからね」
Tow the line and work hard, or overboard you go.

 

 

 

ドーラ「ほとんど真東だね、飛行石の光が差したのは。間違いないだろうね」
But the beam from the crystal was pointing directly due east. Are you sure about this?

シータ「私のいた塔から日の出が見えました。今は最後の草刈りの季節だから、日の出は真東より、ちょっと南へ動いています。光は日の出た丘の左端を差したから…」
Yes, I’m sure I could see the sun rising from the tower. You know, it’s the end of grass-cutting season, so the sun rose not from due east, but a little further south. The light was pointing to the left of the hill from which the sun rose, you see?

ドーラ「良い答えだ。そっちはどうだい」
Pretty smart. Found anything yet?

ドーラの手下「うんともすんとも言わねえです」
Haven’t found a single thing, captain.

ドーラ「無線封鎖して行方をくらます気だね」
They’re jamming the airwaves, so we can’t find them, the flying devils.

ドーラの息子「ママぁ、ゴリアテのほうが足が速いよどうするの?」
Mom, how can we catch them when they’re faster than we are?

ドーラ「あたしら奴の風上にいるんだ。貿易風をつかまえれば…。これはね、東洋の計算機だよ。風力が10と。何とかなりそうだ」
Well, it looks like we’re cruising on the windward side of them. So if we manage to ride the trade wind… let’s see… according to my calculations, with wind velocity at ten, looks to me like we’ll catch them.

ドーラ「みんな、よーくお聞き。ゴリアテは既にラピュタへ出発した。本船はこれより追跡を開始する。風をつかまえれば明日には接触できるはずだ。奴を最初に見つけたものに金貨10枚を出すよ。ラピュタがどんな島だろうが、まっとうな海賊を慰めてくれる財宝ぐらいあるはずだ。さあみんな、しっかり稼ぎなっ!」
Attention, all hands! Now hear this! Goliath is already underway for Laputa. We’re gonna set sail and go after them. If we can catch the wind, we’ll be on their heels by tomorrow. Now, the first man to spy Goliath will receive ten gold coins.

 

 

 

ドーラ「食事は1日に5回だ。水は節約するんだよ」
The boys get awful hungry, so you’ll serve 5 meals a day.

 

 

 

シータ「パズー、あたし、怖くてたまらないの。ホントはラピュタなんかちっとも行きたくない。ゴリアテなんか見つからなければ良いのにって思ってる」
Pazu? I’m really scared. To tell you the truth, I don’t want to go to Laputa.

「じゃあ!」
don’t want to go to Laputa? What do you mean? I don’t get it. Did you tell Dola the truth?

シータ「うんうん、光の指した方向は本当。でも…」
I didn’t lie to Dola. What I said about the light’s direction is true. But what if someone else dies?

パズー「あの、ロボットのこと?かわいそうだったね」
You mean, like the robot?

シータ「おばあさんに教わったおまじないで、あんなことが起こるなんて…。わたし、他にもたくさんおまじないを教わったわ。物探しや病気を治すのや、絶対使っちゃいけない言葉だってあるの」
He died to save my life. I fear awful. All this is because of a spell my grandmother taught me. She taught me all sorts of spells. A spell to use when you’re looking for something, a spell to cure sickness. There’s even one she told me I must never use.

パズー「使っちゃいけない言葉?」
What kind of spell?

シータ「滅びのまじない。良いおまじないに力を与えるには、悪い言葉も知らなければいけないって、でも決して使うなって。教わったとき怖くて眠れなかった」
The spell of destruction. She said that to give power to good spells, I had to know evil ones, too. But she told me never to use them. I was so scared when I learned that spell, I couldn’t sleep.

シータ「あの石は外へ出しちゃいけないものだったのよ。だからいつも暖炉の穴に隠してあって、結婚式にしかつけなかったんだわ。お母さんも、おばあさんも、おばあさんのおばあさんもみんなそうしてきたんだもの。あんな石早く捨ててしまえば良かった!」
I didn’t know the spells were connected to my necklace. Uncle Pom was right when he said that it was dangerous for us to misuse the power of the crystal. And what if Laputa has the same power that can also be used for great evil? I wish I’d thrown the crystal away.

パズー「違うよ。あの石のおかげで僕はシータに会えたんだもの。石を捨てたってラピュタはなくならないよ。飛行機械がどんどん進歩してるから、いつか誰かに見つかっちゃう。まだ、どうしたら良いかわからないけど、本当にラピュタが恐ろしい島なら、ムスカみたいな連中に渡しちゃいけないんだ。それに、今逃げ出したら、ずっと追われることになっちゃうもん」
But then we never would have met. And anyway, even if you had, Laputa would still exist. Airplanes and flying machines are getting better and better. You know, eventually, some explorer or another will come across the city of Laputa one day and claim it. I can’t say I know what’s best, but if Laputa really has such great power, we can’t left it fall into the hands of bad people like Muska. And if we run away now, Muska is gonna chase us forever.

シータ「でも私のためにパズーを海賊にしたくない」
But Pazu, I don’t want you to become a pirate because of me.

パズー「ふっ、僕は海賊にはならないよ。ドーラだってわかってくれるさ。見かけより良い人だもん。全部片付いたら、きっとゴンドアへ送っていってあげる。見たいんだ、シータの生まれた古い家や、谷やヤクたちを」
I’m not gonna become a pirate. And don’t worry. Dola will understand. She’s much nicer than she pretends to be. And when we’ve finally found it, I promise you we’ll go back to Gondoa. I want to see it all, Sheeta. The old house where you were born, the valley and everything.

シータ「パズー!」
Oh, Pazu. Thank you.

 

 

 

ドーラ「予想より進路が北だった。パズー、時間がない、良く聞きな。ゴリアテに振り切られたらおしまいだ。お前は目が良い。見張り台だけ雲から出して追跡する」
It was farther north than I figured. Pazu, listen carefully to me. Everything will be ruined if we lose track of Goliath. You’ve got good eyes, so I want you to watch her and keep us on course.

パズー「どうすれば良いの?」
How do I do that, captain?

ドーラ「その見張り台は凧になる。中にハンドルがあるだろ」
The crow’s nest can be made into a kite. See the metal handle on the bulkhead?

パズー「あった」
I got it!

ドーラ「時計廻しに廻しな」
Turn it clockwise!

ドーラ「フックが掛かったら上のハンドルを廻せば翼が開く」
Hook it up and then turn the handle. That’ll make the wings open.

ドーラ「開いたらワイヤーを張りな。操縦は体で覚えるんだ。シータ、そこにいるね」
Now extend the wire. You’ll have to get the hang of flying it on your own. Are you up there7, Sheeta, my dear?

シータ「はい」
Yes.

ドーラ「お前は戻っておいで」
Best you come down right now.

シータ「なぜ?」
Why?

ドーラ「なぜってお前は女の子だよ」
Because you’re a girl – female! That’s man’s work!

シータ「あら、おばさまも女よ。それに私、山育ちで目は良いの」
But you’re female, captain! I grew up in the mountains. I can do this!

パズー「シータ!」
Sheeta, no!

シータ「お願い(パズーに言う)。パズーもそうしろって」
Be quiet. And Pazu agrees with me.

ドーラ「ハハハハハハハ、上がったら電線管は使えないよ。中に電話があるから、そ…」
Ha ha ha ha ha! All right, me hearty, once you take off, you’ll have to use the phone to communicate.

シータ「電話ってこれね、おばさま」
You mean this phone?

 

 

 

パズー「夜が明ける…」
Wait a minute. Something is not right!

シータ「パズー、おかしいわ。夜明けが横から来るなんて」
The sun is coming up in the wrong place. We’re out of position.

パズー「そうか、僕らは東へ進んでいるはずなんだ。ブリッジ!」
You’re right. We’re supposed to be heading east, not north. We’re going the wrong way. Captain!

ドーラ「え?北へ向かってるって?」
Huh? What do you mean, we’re headed north?

ドーラの息子「コンパスは東を指してるよ」
But the compass needle is pointing east, mom.

ドーラ「風が変わったんだ。流されて進路が狂っちまった」
There’s something confusing the compass, and I want to know what it is!

シータ「見てあれ!」
There it is! Look!

ドーラ「どうしたんだい。ゴリアテかい?」
There what is? Is it Goliath?

パズー「雲です!。ものすごく大きな!」
No, it’s a cloud and I’ve only seen one other like it.

ドーラ「雲?」
A cloud?

シータ「こっちへ近づいてくるわ!」
It’s heading right for us!

パズー「空の城だ…」
It’s heading right for us!

ドーラ「そいつは低気圧の中心だ。風に船を立てな。全速力ぅ!。引きずり込まれるよ」
I’m not gonna captain my ship into the eye of a hurricane! Pull back! Pull back, I tell you! All engines reverse!

パズー「どんどん引き寄せられてます」
We’re being pulled into the center of the storm!

ドーラ「踏ん張りな。収容はできない」
Sorry, Pazu, we can’t help you! You have to ride it out. Good luck, sailor!

ドーラの息子「舵が動かねぇ!」
I can’t get it to turn!

ドーラ「いつものくそ力はどうしたい!」
Put more backbone into it, my boy!

機関士「ドーラ、エンジンが燃えちゃうよ!」
Dola, the engine can’t take it!

ドーラ「泣き言なんか聞きたかないね。なんとかしな!」
What do you want me to do about it? Just do what you can! Clouds are breaking up.

ドーラ「龍の巣だぁ!」
Pazu, it’s a hurricane!

パズー「龍の巣?、これが…」
I see it, captain! We’re going in!

パズー「父さんの言ったとおりだ。向こうは逆に風が吹いている」
Wow. It’s just like dad said – two winds blowing in opposite directions.

ドーラ「すぐそこに風の壁があるよ」
Shiver me timbers! What a powerful storm!

ドーラの息子「ママぁ、ダメだ、吸い込まれる」
Mom, it’s no use! We’ll be sucked in!

ドーラ「男が簡単に諦めるんじゃないよ」
If there’s one thing I can’t stand, it’s a quitter!

パズー「ブリッジ!、ラピュタはこの中だ!」
Captain, Laputa’s in there!

ドーラ「なんだってぇ!?」
Laputa’s where?

パズー「父さんは龍の巣の中でラピュタを見たんだ」
This is just the kind of storm my father saw and Laputa’s in the middle of it!

ドーラ「バカな、入った途端にばらばらにされちまうよ」
It can’t be. It’d be smashed to pieces!

シータ「パズー!、あそこ!」
Pazu! Look there!

ドーラ「このクソ忙しいときに」
My boys, we have a dilemma. It’s Goliath off the port bow!

パズー「行こう、おばさん。父さんの行った道だ。父さんは帰ってきたよ」
We’re gonna go into the hurricane, Sheeta! My dad made it through alive, and so will we!

ドーラ「よし、行こう龍の巣へ」
Ready? Brace yourselves, gentlemen! Aah!

艦員「本艦も危険です。退避します」
If we don’t turn, we’ll hit that storm.

ムスカ「このまま進め。光は常に雲の渦の中心を指している。ラピュタは嵐の中にいる。聞こえないのか。このまま進むんだ。必ず入口はある」
All ahead full. The light is pointing to the center of the whirwind. Laputa is in that storm. I won’t retreat. Now go stright ahead and that is an order, captain.

 

 

 

パズー「シータの出迎えかな」
I think he must be here to meet you, Sheeta.

シータ「でもあたし、飛行石持ってないわ」
But I don’t have the aetherium crystal.

パズー「何をする!」
Wait, I’ve gotta cut us loose. Hey, wait! You’re gonna break that!

シータ「待って。お願い、それを壊さないで。それがないと帰れなくなるの」
Wait! Please, Mr. Robot, don’t do that. We won’t be able to go home without it.

シータ「ヒタキの巣だわ」
It’s a bird’s nest.

パズー「このために?」
That’s why he’s here. He’s just trying to protect it.

シータ「おいでって」
He says to follow him.

パズー「言葉がわかるの?」
How do you know?

シータ「そんな気がするだけ」
I just know that’s what he said!

 

 

パズー「立派な街だったんだ。科学もずっと進んでいたのに、どうして…」
I wonder what happened here. This used to be a city of advanced technology.

 

 

 

パズー「きっと、園丁のロボットなんだ。人がいなくなってからも、ずーっとここを守ってたんだね」
They must’ve been protectors of the garden. And they’ve kept on guarding the place, even long after all the people have gone.

シータ「お墓に供える花を摘んできてくれたの?。ありがとう…」
Oh! You’ve picked another flower for the grave. How kind of you. Oh, thank you.

パズー「きみ、一人ぼっちなの?。ここにはもう他のロボットはいないのかい?」
You must be the only one left. It looks like all the other robots stopped working a long time ago.

パズー「ちっとも寂しくないみたいだね。友達もいるし、ヒタキの巣を見まわったりもしなきゃならないし」
You know what, Sheeta? I bet he’s not lonesome at all. He’s got plenty of friends – the animals and the birds. He takes care of them.

 

 

 

パズー「ひどいことするなぁ」
What a greedy pack of thieves.

シータ「あの人たちが上の庭へ行ったら…」
We can’t let them destroy the garden, Pazu.

パズー「シータ、飛行石を取り戻そう。ここを奴らから守るにはそれしかないよ。なぜ雲が晴れたのか気になってたんだ。こんなふうにならなければ、奴らは上陸できなかったはずなんだ」
We have to find the aetherium crystal. We have to find it. It’s the only way we can protect the garden. I was wondering why all of the storm clouds just disappeared. Then I realized if they hadn’t cleared up the army couldn’t have made a landing.

シータ「私のおまじないのせい…」
You think it was because of my necklace?

パズー「ムスカの言った、封印が解けたって、これなんだよ、きっと。もうこの城は眠りから覚めてるんだ。嵐に乗って飛行石を持つ者を迎えに来たんだよ。このままではムスカが王になってしまう。略奪よりもっと酷いことが始まるよ!」
I don’t know for sure, but I think the power of the crystal disintegrated that storm and now the castle has awakened from its sleep for whoever holds the crystal. We can’t let Muska figure out how to use the crystal. If he does, it’ll be the end of everything.

シータ「でも、飛行石を取り戻したって、私どうしたら良いか…。はっ!、あの言葉…」
But even if we can get my grandmother’s crystal back, how can we use its power? The spell, Pazu!

パズー「あの言葉って…、滅びの、まさかっ!」
The spell of destruction. Sheeta, it may be the only way.

 

 

 

パズー「おばさん!。シータが捕まったんだ。僕は助けに行く。縄を切るから逃げて」
Hi there. Sheeta’s been captured. I’m going to save her. When I cut your ropes, make a run for it.

パズー「うまく逃げてね」
Good luck, now, captain.

ドーラ「これ、お待ち。持ってきな」
Wait a minute, boy. You’d better take this.

パズー「ありがと!」
Huh? Uhh- thank you.

ドーラ「急に男になったね」
The boy has become a man.

 

 

 

ムスカ「見たまえ、これこそ、ラピュタの力の根源なのだ。素晴らしい、700年もの間、王の帰りを待っていたのだ」
The largest aetherium crystal ever. And the source of all the power in Laputa. The amazing thing is this beautiful stone has been awaiting the retun of its king for 700 years.

シータ「700年?」
Seven hundred years?

ムスカ「君の一族は、そんなことも忘れてしまったのかね?」
700 years is a long time to be without a king, isn’t it?

ムスカ「黒い石だ。伝承の通りだ。読める、読めるぞ」
It’s the black stone, just as the legend says. There it is. It’s the same.

シータ「あなたは一体誰!?」
Who are you, Muska?

ムスカ「私も、古い秘密の名前を持っているんだよ、リュシータ。私の名はロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」
Yes, my dear. I, too, have an old secret name. My real name is Romska Polo Ul Laputa.

ムスカ「君の一族と私の一族は、元々1つの王家だったのだ。地上に降りたとき2つに別れたがね」
You and I have the same royal ancestors. We are both of noble blood. But then our ancestors left Laputa to live on earth. What a mistake.

 

 

 

ムスカ「立て、鬼ごっこは終わりだ。終点が玉座の間とは、上出来じゃないか。ここへ来い!」
Get up, princess. The game is over. How appropriate that we’ve ended up in the throne room. Now get over here.

シータ「これが玉座ですって?。ここはお墓よ、あなたと私の。国が滅びたのに、王だけ生きてるなんて滑稽だわ。あなたに石は渡さない。あなたはここから出ることもできずに、私と死ぬの。今は、ラピュタがなぜ滅びたのか私良くわかる。ゴンドアの谷の歌にあるもの。土に根をおろし、風と共に生きよう。種と共に冬を越え、鳥と共に春を歌おう。どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんの可愛そうなロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ!」
This is no longer a throne room. This is a tomb for the both of us. You see, a king without compassion does not deserve a kingdom. You will never possess the crystal. You and I will die here together. Now I understand why the people of Laputa vanished. There is a song from my home in the Valley of Gondoa that explains everything. It says “Take root in the ground, live in harmony with the wind, plant your seeds in the winter, and rejoice with the birds in the coming of spring.” No matter how many weapons you have, no matter how great your technology might be, the world cannot live without love.

ムスカ「ラピュタは滅びぬ。何度でも蘇えるさ。ラピュタの力こそ、人類の夢だからだ」
Laputa will live. I will return it to life. Laputa’s power is the dream of all mankind.

ムスカ「次は耳だ。ひざまずけ、命乞いをしろ、小僧から石を取り戻せ!」
Your ears are next unless you got on your knees and obey me. I command you. Give me that stone!

パズー「待てぇ~!。石は隠した。シータを撃ってみろ。石は戻らないぞ!」
Stop right there, Muska! I’ve hidden the stone! If you do anything to harm Sheeta, you’ll never get it back!

シータ「パズー来ちゃダメ。この人はどうせ私達を殺す気よ!」
No, Pazu! Listen! Run away before he kills you as well as me!

ムスカ「小僧、娘の命と引き換えだ。石のありかを言え!。それとも、その大砲で私と勝負するかね」
Look who’s here. Why don’t you give me the stone, and the girl will live. Otherwise, I’ll kill her. Are you planning on fighting me? Go ahead. Use that cannon you can hardly lift.

パズー「シータと2人っきりで話がしたい」
You can have the stone if you let me talk to Sheeta.

シータ「来ちゃダメ。石を捨てて逃げて!」
No, Pazu! Get out of here and throw the crystal away!

ムスカ「3分間待ってやる」
I’ll give you one minute, starting now.

パズー「シータ、落ち着いて良く聞くんだ。あの言葉を教えて。僕も一緒に言う。僕の左手に手を乗せて」
Sheeta, listen to me very carefully. Whisper the spell to me. I’ll say it with you. Just put your hand in mine and trust me. Tell me the spell of destruction.

パズー「おばさんたちの縄は、切ったよ。」
Dola and the boys are free. Don’t worry about them. Whisper the spell in my ear.

ムスカ「時間だ。答えを聞こう」
Time’s up. What is you answer?

パズー&シータ「バルス!」
Balus.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です