『涼宮ハルヒの憂鬱』で英文法I

Pocket

北米版『涼宮ハルヒの憂鬱』を見ながらちょっと英文法を復習しました。

DVD4本(350分)がいまamazonで$79.98で売られていますね。

51nbeBnzf-L._SY300_

まずは第1話。

OK. Asking somebody how long they believed in Santa Claus is so stupid you can’t even consider it a topic suitable for idle conversation. But if you still wanna know how long I believed in some old fat guy who wears a funky red suit, I can tell you this: I’ve never believed in him, ever.
サンタクロースをいつまで信じていたか、なんて事は 、他愛もない世間話にもならないくらいの、どうでも いい話だが、それでも、俺がいつまでサンタなどという想像上の赤服じいさんを信じていたかというと 、これは確信を持って言えるが 、最初から信じてなどいなかった。

キョンのセリフです。wannaはwant toの省略形です。everの意味がわからない人が多いようです。日本語の訳でeverを理解しようとするとわけがわからなくなります。ある英和辞典には以下のように説明されています。
1. (1) 《肯定文》いつも、常に; 絶えず、始終; いつまでも、いつも変わらず; 永久に; (2) 《形容詞・分詞の前に置いて》いつも、常に
2. 《否定文・疑問文・条件節》いつか、かつて、これまでに
3. 《比較級・最上級などを強調して》かつて、今までに
4. 《強意》いったい; そもそも、およそ、ともかく; まったく(…ない)、決して(…ない)

これでは何が何だかわかりません。英英辞典ではもっと簡単に説明されています。everには3つの意味があります。
1. at any time
2. continually
3. used for emphasizing an adjective or a question word
これだけの意味しかないのに、日本語だといろんな訳し方があるわけです。
I have never believed in him, ever.
は現在完了が使われてeverはat any timeという意味になっています。believe inは「~の存在を信じている』ということ。「サンタクロースの存在をいまだかつて(at any time)信じたことはない」という意味になっています。

 

OK. Asking somebody how long they believed in Santa Claus is so stupid you can’t even consider it a topic suitable for idle conversation.
サンタクロースをいつまで信じていたか、なんて事は 、他愛もない世間話にもならないくらいの、どうでも いい話だが。

これもキョンのセリフです。「非常に~なので…」という意味の「so ~ that…」構文のthatが省略されている形ですね。

 

The Santa that showed up at my kindergarten Christmas festival, I knew he was fake. And I never saw Mommy kissing Santa or anything, but I have to say that even as a little kid, I knew better than to believe in some old man that only worked one day a year.
幼稚園のクリスマスイベントに現れたサンタは偽サンタだと理解していたし 、お袋がサンタにキスをしている所を目撃した訳でもないのに、クリスマスにしか仕事をしないジジイの存在を疑っていた賢しい俺なのだが。

同じくキョンのセリフ。seeという知覚動詞の後に目的語プラス現在分詞がきて「Oが~しているところを見る」という意味になっていますね。know better than toは「~するほどバカではない」という意味のイディオムです。

 

Now having said that, it wasn’t until I got older that I realized aliens, time-travelers, ghosts, monsters, espers, evil syndicates and the anime/manga/fantasy-flick heroes that fight said evil syndicates, were also fake.
はてさて、宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や悪の組織や、それらと戦うアニメ的特撮的漫画的ヒーロー達が、 この世に存在しないのだということに気づいたのはそうとう後になってからだった。

受験生泣かせの「It is not until ~ that…」構文もキョンのセリフで丸暗記すれば大丈夫! 「~してはじめて…する」という意味になりますが、英文を直訳すると「もっと年をとってはじめて宇宙人何たらはでっちあげということに気づいた」となるわけです。

 

But by the time I got out of junior high, I pretty much outgrew that kind of stuff. And I guess I got used to the idea of living in an ordinary world. And just like that, I was in high school. And that’s when I met her.
中学を卒業する頃には、俺はもうそんな餓鬼な夢を見る事からも卒業して、この世の普通さにも慣れていた 。俺は大した感慨もなく高校生になり、そいつと出会った。

by the timeは「~するまでに」という意味のイディオムです。outgrowはlose interest in an idea or activity as you get olderという意味です。get used toは「~に慣れる」。

 

I’m Haruhi Suzumiya, from East junior high. First off, I’m not interested in ordinary people. But if any of you are aliens, time-travelers or espers, please come see me. That is all.
東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者が居たら、あたしの所に来なさい。以上。

有名な凉宮ハルヒの自己紹介ですね。自分の名前を言うときはMy name is Haruhi SuzumiyaよりもI’m Haruhi Suzumiyaと言う方がよいです。please come see meはplease come to see meのtoが省略されています。

Haruhi-Suzumiya

Is that supposed to be funny? There stood before me this amazingly beautiful girl.
これ、笑うとこ?偉い美人がそこにいた。

There is構文でbe動詞の代わりにstandを使えることに注目。

 

I bet everyone thought she was kidding. But it wasn’t a joke. And it wasn’t anything to laugh about. Haruhi is always dead serious. And that’s how we first met. Looking back, I wanna believe that it was just a coincidence.
誰もが冗談だと思っただろう。結果から言うとそれはギャグでも笑い所でもなかった。ハルヒはいつも大マジなのだ。こうして俺達は出会っちまったあ。しみじみと思う。偶然だと信じたいと。

分詞構文が使われていますね。

 

If you were me, there’s only one girl in this class to go after. And that’s her.
俺だったらそうだなあ、このクラスでの一押しは、あいつだな。

谷口のセリフです。仮定法が使われているので、If you are meではなくて、If you were meになっています。キョンが谷口になることはできない、つまり「実現不可能なこと」なので仮定法がつかわれるわけです。

 

Have I met you somewhere before like maybe in the past, or something like that?
あたし、あんたとどこかで会ったことがある?ずっと前に。

ハルヒがキョンに言ったセリフ。現在完了になっていることで過去のある時点から現在までの期間に2人はあったことがあるかという問いかけになっています。

 

次は、とくに文法的には重要ではないですが、よく知られたハルヒとキョンの会話なので載せておきます。
Here’s the problem: So far, the way it looks is that all the men in this entire universe are pathetic. I mean all through junior high that was the one thing that irritated me the most.
問題はね、くだらない男しかこの世に存在しないのか、どうなの、って事よ。本当は中学時代はずっと苛々しっぱなしだった。

All right then, so what kind of guy would you really be into, an alien or something?
じゃ、どんな男なら良かったんだ?やっぱり宇宙人か?

Yeah! Anything like an alien, or something else along those lines. Anyway, as long as the person isn’t an ordinary human, I don’t care if it’s a boy or a girl.
宇宙人、もしくはそれに準じる何かね。とにかく、普通の人間でなければ、男だろうが女だろうが 。

Hang on a sec. What’s wrong with being human? I mean, why do they have to be an alien?
どうしてそんなに、人間以外の存在にこだわるんだ?

Because that way, life’s more interesting!
そっちの方が面白いじゃないの。

 

次は朝倉のセリフ。
I wanna know how you did it. No matter how much I try to talk to her I can’t get Haruhi to answer any of my questions. What do you do to get her to open up? Do you have any tips for me?
私も聞きたいな。私がいくら話しかけてもなーんも答えてくれない涼宮さんが、どうしたら話すようになるのか。コツでもあるの?

「no matter how much」は「どれだけ~しても」という意味になります。「get + O + to do」は「(説得などをして、なんとか)Oに~させる」という意味の使役動詞。

 

It seems that she likes to use the word “absolutely” a lot.
どうやらこいつの口癖は「全然」のようだ。

「She seems to like to use the word “absolutely” a lot.」と言い換えることができます。

 

キョンの「言うなれば、それをできない人間が発見やら発明やらをして文明を発達させてきたんだ。空を飛びたいと思ったから飛行機作ったし、楽に移動したいと思ったから、車や列車を生み出したんだ。でもそれは、一部の人間の才覚や発想によって初めて生じたものであり、つまり、天才がそれを可能にした訳だ。凡人たる我々は人生を凡庸に過ごすのが一番であってだな …。」というセリフは以下のように訳されています。

You could look at this way: the people who don’t like what they’ve got are the same people who invent things, and make discoveries, and advance civilization. They made airplanes because they wanted to fly, and they made cars and trains because they wanted to go from place to place. It’s as simple as that. The only reason that we’ve got all the things we have now is because a certain group of people got together and used their talent or imagination or genius or whatever to make it all possible. Ordinary people are probably better off living their ordinary little lives in an ordinary manner.

kyon

ハルヒから「来ないと死刑」と言われてみたい( ´ ▽ ` )
Well, there you have it. From now on, we’re gonna meet here in this room right after school. And you’d better show up, Mister. Because if you don’t, it’s the death penalty.
ま、そういう事だから、これから放課後、この部屋に集合ね。絶対来なきなさいよ。来ないと、死刑だから。

Understood. I don’t wanna die.
わかったよ。死刑は嫌だからな。

 

「~することにしている」という意味のイディオムのmake it a point toもハルヒのセリフで覚えよう。

During recess, I make it a point to walk every inch of the main building.
あたし休み時間には校舎を隅々まで歩くようにしてるから…

 

「萌え」はそのままmoeと英訳されています。

In this situation, moe is an important concept to keep in mind.
あたしね、萌えってけっこう重要なことだと思うのよね。

Sorry, what’d you say?
すまん。何だって?

Moe! Moe! This girl’s a prime example of moe. It’s a rule that in stories with strange things going on, you need to have one moe character. Someone with glasses, or in a maid costume or anything fetishy. It’s essential! And that’s just the beginning! She’s tiny but she’s got bigger breasts than me! I mean, look at these things! They’re immense! This is another important aspect of moe.
萌えよ萌え!いわゆるひとつの萌え要素。基本的にね、何かおかしな事が起こるような物語には、こういう萌えでロリ っぽいキャラがひとりはいるものなのよ!それだけじゃないのよ!ちっこいくせにほら、あたしより胸でかいのよ 。 ロリ顔で巨乳?これも萌えの重要要素のひとつなのよ。

 

 

9月 23, 2013 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・ハルヒ

Leave a Reply