『ロスト・イン・トランスレーション』のLとRの発音

Pocket

「ロスト・イン・トランスレーション」(Lost in Translation)という映画を見たことがありますか。ウィキペディアにはこう紹介されています。

東京を舞台に、倦怠期のハリウッド・スターと、孤独な若いアメリカ人妻の淡い出会いと別れを描く。

2003年最大のダークホース映画といわれ、ソフィア・コッポラは 一躍アメリカで最も注目される新鋭若手監督になった。400万ドルと少なめな予算と27日間で撮影されたこの作品は4400万ドルの米興収成功をおさめ、 2003年の多くの米映画賞を総なめにした。2004年のアカデミー賞では、主要4部門の作品賞 監督賞 主演男優賞 オリジナル脚本賞にノミネートされアカデミー脚本賞を受賞。

コッポラ自身が若いころ日本に 滞在しており、その体験をもとにした半自伝的作品と告白している。『ロスト・イン・トランスレーション』は言語問題だけでなく夫と妻、男と女、老人と若者、友人間などの現代社会多くの人間関係における相互理解の難しさをテーマとしている。その孤独感を増幅する演出として、日本以外での上映に際しても、日本語のセリフには意図的に字幕を添付していない。

わたしもアメリカでLost in Translationなことを何度も味わったので、主役のボブ役を演じているビル・マーレイ(Bill Murray)につい共感しながら見てしまいました。ボブはサントリーの響という高級ウイスキーのCM撮影のために来日します。最初のCM撮影でディレク ターをつとめるのがダイヤモンド☆ユカイです。ボブに訳のわからない注文ばかりするので、通訳が端折って訳すると、ボブはイライラし始めます。

translator: Um, he want you to turn, look in camera. OK?
Bob: That’s all he said?
translator: Yes. Turn to camera.
Bob: All right, does he want me to– to… turn from the right, or… turn from the left?
ユカイが切れ始めます。

translator: Right side, and, uh, with intensity.
Bob: Is that everything? I mean, it seemed like he said quite a bit more than that.
ユカイが訳のわからないことを言い続ます。

translator: Like an old friend, and into the camera.
Bob: Okay.
ユカイ: Cut-o! Cut-o, cut-o, cut-o, cut-o, cut-o!

この映画では日本人がRLと発音する場面がよく出てきます。以下、ボブのルームに日本人の女性が訪れたときの場面です。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Woman: Mr. Harris?
Bob: Yes?
Woman: Mr. Kazuo sent me.
Bob: Oh?
Woman: May I enter? Thank you. Do you like massage?
Bob: I don’t think I– I like massage anymore.
Woman: Mr. Kazuo sends me premium fantasy. My stockings – “lip” them. “Lip” my stockings. Yes, please. “Lip” them.
Bob: What?
Woman: “Lip” them. Hey! “Lip” my stocking!
Bob: Hey! “Lip” them? “Lip” them? What?
Woman: “Lip” them. Like this. “Lip” them.
Bob: Rip them?
Woman: “Lip,” yes.
Bob: You want me to rip your stockings?
Woman: Yes, “lip” my stockings, please.
Bob: Rip your stockings. You want me to trip your stockings.
Woman: Yes. Please? Please? Please?
Bob: All right, I’m gonna rip your stockings, and you tell Mr. Kazu we had a blast.
Woman: Oh, no! Mr. Harris! Oh, my God! Don’t touch me! Mr. Bob Harris, don’t touch me! Just “lip” my stocking! Oh, no, Mr. Harris! Oh, no! Help! Help!
Bob: Yeah– Yeah.

女性は「ストッキングを引き裂いて」(Rip my stocking)と言っているつもりなのですが、ボブには「ストッキングにキスして」(Lip my stocking)としか聞こえないというオチです。

カメラマンとのCM撮影でも、英語の疎通がうまくいきません。
cameraman: So, can you put your hand close your face, please?
Bob: I’m sorry, Naka. What?
cameraman: Can you put your hand close your face?
Bob: I don’t get that close to the glass until I’m on the floor. You know? How’s this?
cameraman: Yes. You want a whiskey?
Bob: This is not whiskey. This is iced tea. If you gave me real whiskey–
cameraman: I need mysterious face. Can you show mysterious? Mysterious.
Bob: I think I know what you want. You want this, right?
cameraman: I need more mysterious and, uh–
Bob: More mysterious. Yeah. I’ll just try to think, “Where the hell’s the whiskey?”
cameraman: You are a movie star, yes?
Bob: Yes, I should be doing movies, yes, but–
cameraman: And “Lat Pack.” “Lat Pack.” You know “Lat Pack”?
Bob: Rat P– Rat Pack? Oh, right, right.
cameraman: I need more tension, please.
Bob: More–
cameraman: You so gentleman, yes?
Bob: A-ring-a-ding-ding.
cameraman: Yeah. “Sinatora.” You know “Sinatora”?
Bob: Old Blue Eyes.
cameraman: Yeah. …

cameraman: Okay, close your hand, please.
Bob: Huh?
cameraman: Close your hand.
Bob: Yeah– Close it?
cameraman: Yes. Close your face, please.
Bob: Close my–
cameraman: Yes. Sorry. And, uh, 007?
Bob: He drinks martinis, but okay, I got it.
cameraman: “Loger” Moore?
Bob: “Loger” Moore.
cameraman: You know “Loger” Moore?
Bob: Roger Moore?
cameraman: Yeah.
Bob: Okay. I– I– I always think of Sean Connery. Seriously.
cameraman: No, no.
Bob: Didn’t you get the Sean Connery one over here?
cameraman: Lo, “Loger” Moore.

「こぶしを握って」をClose your handと言ったりして、おかしな英語だらけなのですが、ここでも007役のRoger MooreLoger Mooreと発音して、ボブが聞き直しています。

ところでシャーロット役のScarlett Johanssonも日本人のLRの発音について言及しますが、そこはちょっと勘違い発言ですね。
Charlotte: Why do they switch the “R”s and the “L”s here?
Bob: Oh, for yuks. You know, just to mix it up. They have to amuse themselves because we’re not making them laugh.
日本人は
RLを逆に発音するわけではありません。日本語の「ラ・リ・ル・レ・ロ」は厳密に言うと英語のLRのどちらでもないのですが、Lの発音にまだ近いので、日本人がRを発音しようとすると、ネイティブにはLによく聞こえます。でも日本人のLの発音がRに聞こえることはまずありません(個人差があるのでまったくないわけではないですが)。だからswitch the “R”s and the “L”sというのは間違っています。

日本人泣かせのRの発音ですが、『英語耳』や『フォニックス』らベストセラーの英語発 音教材を使ってもLRの違いを聞き取れるようにはならないと思います。双方とも、口の開け方と舌の位置の違いから2つの発音の違いを理解しようとしてい ますが、それではLRの違いはわかりません。2つの根本的な違いは音を発する場所がちがうことです。Lは喉から、Rはもっと下の胸の位置から音を発しま す。

このあたりは上川一秋さんの『英語喉50のメソッド』(三修社)をお読みください。上川さんの英語喉の議論は革命的に画期的なのです が、なぜか大ヒットまではしていません。ベストセラーになった松澤さんの『英語耳』の100倍くらい価値ある本なんですけどねえ。

上川さんはインターネットでも活発に活動しているようです。ユーチューブにもeigonodoという名前で数多く投稿していますので、『英語喉』の本を購入して、彼のユーチューブの動画を見てみることをお勧めします。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

参考までに、口の開き方と舌の位置でLとRの発音の違いを説明している動画もリンクしておきます。見てもあんまり役に立ちませんが。
www.youtube.com/watch?v=6I_TDUfX5OY
www.youtube.com/watch?v=NkzfeWhWyPo

ひろこさんは可愛いので役に立たなくてもついみてしまうんですけどねえ( ´ ▽ ` )
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 

 

 

 

 

1月 12, 2014 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■発音

Leave a Reply