耳をすませば─⑨雫、聖司の名前を知る

Pocket

カントリーロードを歌い終わった雫。

西「いやいや、愉快愉快。」
That was wonderful, you two.

雫「月島雫です。この間はありがとうございました。」
I’m Shizuku, by the way. Thanks for the great accompaniment.
by the way=ところで。自己紹介はMy name is…というよりも、I’m…とした方が自然です。accompaniment=伴奏

西「いや、お嬢さんにはまた会いたいなあと思ってました。この2人はぼくの音楽仲間です。」
You’re welcome, Shizuku. I was hoping we would meet up again. These are my good friends, Kita and Minami.
meet up=meet another person in order to do something together

南「ナイスボーカァル!例の時計が完成した時に居合わせた幸運な方ですな。」
Nice vocals. So you’re the lucky girl who got to see the grandfather clock strike 12:00. Is that right?
strike 12:00=(時計が)12時を告げる

北「聖司くんにこんなかわいい友達がいたとはねえ。」
I never knew you had such a pretty friend, Seiji.

雫「ええっ!?セイジ!?あなた、もしかして天沢聖司?」
What? Seiji? Is your name Seiji Amasawa?

聖司「ああ。あれ?言ってなかったっけ?オレの名まえ。」
Yeah. Of course. Wait, didn’t I tell you my name?
<tell A B>は「AにBを言う」という意味の第4文型。

雫「言ってなーい!だって表に西って出てた。」
No, you didn’t. I thought it was Nishi. That’s what’s on the sign.
sign=標識、表示

聖司「あれはおじいちゃんの名まえだよ。オレは天沢!」
That’s my grandfather’s last name. Mine is Amasawa.
last name=名字

雫「ひどい!不意討ちだわ!洞窟の生き埋めよ!空が落ちてきたみたぁい!」
This is my worst nightmare. I should have known better. I never get the fairy tale ending.
nightmare=悪夢。英語版ではかなり意訳されています。「これは最悪の悪夢だわ。よく知っておくべきだった。おとぎ話のエンディングみたいなこと絶対来ないじゃない。」

聖司「何バカなこと言ってんだよ。名まえなんてどうだっていいじゃないか。」
What in the world are you babbling about? What difference does it make what my name is?
What in the world…?は「一体全体~なの?」という意味の強意的表現。What difference does it make?=どこが違うの?→同じことだろう

雫「よくなーい!!自分はフルネームで呼び捨てにしておいて!」
It makes a difference! You knew my name but you never told me yours.
<It makes a difference.>=ちがうよ。yoursはyour nameのこと。

聖司「おまえが聞かないからいけないんだろ!」
You could’ve asked me my name if it’s such a big deal.
英文法書ではよく、<could have+過去分詞>は「~したかもしれない/~だったかもしれない」という意味の過去のことに関する推量である、と説明していますが、この文でのように「~することができたのにしなかった」という意味でもよく使われます。a big dealは「大事なこと」。

雫「きく暇なんかなかったじゃない!ああ・・・、天沢聖司ってわたしてっきり・・・。」
I never had a chance! This is so unfair! Oh, I was so sure Seiji Amasawa was…
<I didn’t have a chance!>を<I never had a chance!>というと、その機会がまったくなかったことが強調されます。

聖司「なんだよ。」
I was what?

雫「やさしい静かな人だと思ってたの!」
A nice, intelligent, civilized person.
英語版では、「やさしい静かな人」が「すてきな知的で上品な人」に変わっていますね。

聖司「おまえなあ、本の読みすぎだよ。」
Oh, really? You read too many fairy tales.

雫「自分だっていっぱい読んでるじゃない!」
Clearly you’ve read a lot of them yourself.

g5

 

8月 31, 2014 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・耳をすませば

Leave a Reply