infantは「幼児」じゃないよ

Pocket

どうもinfantという英単語を「幼児」という意味で覚えている人が多いようです。高校生6人にinfantの意味を尋ねたら、4人が「幼児」と答えました(2人は「わからない」という返答)。なんでみんな間違えて覚えているのか気になって、『システム英単語』と『速読英単語』を確認したら「幼児=infant」と説明されていました。

ちがいますよ。infantは幼児という意味じゃないですよ。「幼児」は児童福祉法によれば満1歳から小学校に就学するまでの子どものことを指します。つまり、生まれたばかりの赤ちゃんは幼児ではありませんが、infantをグーグルで検索すると赤ちゃんの写真ばかり出てきます。グーグルで「幼児」と「infant」を画像検索してみてください。ほら、ちがうでしょう。
乳児 幼児 乳幼児 infant

infantを「幼児」と覚えると、英語ではbabyからinfantに変わり、幼稚園児もinfantに含まれると思い込みそうです。でもアメリカでは赤ちゃんもinfantと呼ばれるし、逆に5歳くらいの子をinfantと呼ぶことはあまりありません(注: 例外があります。法律用語とイギリスの用法では5歳くらいの子どもをinfantに含めてかまいません)。

英英辞典でinfantの意味を調べると、大抵a baby or a very young childと説明されています。infantとは0歳から2歳くらいまでの子を指します(ただし何歳までかは厳密な基準はありません3歳位までの子もinfantと呼ぶ人もいます)。なぜ2歳までかというと、どうも航空会社がチケットの予約や購入の際にinfantは2歳未満の子と定義しているからのようです。ちなみにANAはinfantを「幼児」と訳して「幼児・・・・ご搭乗日の年齢が生後8日~2歳の方」と記載していますが、生後8日の赤ちゃんを幼児とはふつう言いません。

ANA: お子様の予約について (https://www.ana.co.jp/dom/reservation/child_info/)

infantは「話すことのできない者」という意味のラテン語から来た言葉です。じゃあ話し始めるようになるとinfantから卒業かというと、どうも話すようになってからではなく、歩きはじめるようになったらその子をinfantと呼ばなくなるようです。「よちよち歩きの子はinfant」と覚えればよいです。赤ちゃんはよちよち歩きするからinfantなわけです。ちゃんと歩けるようになったらinfantを卒業です。

1月 5, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英単語豆知識

Leave a Reply