ジブリで複合関係代名詞を学ぼう

Pocket

関係代名詞に-everがついたwhoever, whichever, whateverは複合関係代名詞とよばれますが、中学では習わないため、何かしら難しい日常会話ではあまり使わない文法項目と思っている人もおられるようです。

そんなことはありませんからね。ネイティブは日常会話は気楽に使っています。しっかり使いこなせるようになりましょう。

whoever, whichever, whateverは名詞節を導く用法と譲歩の副詞節を導く用法の2種類があります。意味は以下のようになります。

複合関係代名詞 whoever whichever whatever
名詞節を導く用法 ~する人はだれでも ~するものはどれ[どちら]でも ~するものは何でも
譲歩の副詞節を導く用法 だれが~しようとも どちらが[を]~しようとも 何が~しようとも

 

名詞節を導く用法はそれぞれanyone who…, any one [ones] that…, anything that…に、譲歩の副詞節を導く用法はそれぞれno matter who…, no matter which…, no matter whatに書き換えることができます。

ジブリの英語版にも複合関係代名詞はよく出てきます。

whoever

『天空の城ラピュタ』でのセリフです。

シータ:
We can’t let them destroy the garden, Pazu.
・・・あの人達が上の庭へ行ったら・・・。

パズー:
We have to find the aetherium crystal. We have to find it. It’s the only way we can protect the garden. I was wondering why all of the storm clouds just disappeared. Then I realized if they hadn’t cleared up the army couldn’t have made a landing.
シータ、飛行石を取り戻そう。ここをやつらから守るには、それしかないよ。なぜ雲が晴れたのか、気になってたんだ。こんな風にならなければ、やつらは上陸できなかったはずなんだ。

シータ:
“You think it was because of my necklace?”
・・・わたしのおまじないのせい・・・?

パズー:
“I don’t know for sure, but I think the power of the crystal disintegrated that storm and now the castle has awakened from its sleep for whoever holds the crystal.”
ムスカの言った、封印が解けたって、これなんだよ。きっと・・・。もう、この城は眠りから覚めてるんだ。嵐に乗って飛行石を持つものを迎えに来たんだよ。・・・このままではムスカが王になってしまう。・・・略奪より、もっとひどいことが始まるよ!

飛行石はaetherium crystalと英訳されています。aetheriumは架空の石を指すようです。ほとんど日本語の原文通りに英訳されていますが、「おまじないのせい」が「ネックレスのせい」に変わっていますね。distintegrateは「~を崩壊させる」、awakenは「目を覚ます」という意味の動詞です。「飛行石を持つものを」がwhoever holds the crystal、つまり「~する人はだれでも」という意味の複合関係代名詞が使われ、「飛行石を持つものはだれでも」という意味の英語に訳されていますね。

whichever

ジブリアニメでwhicheverを使ったセリフを見かけなかったので、錦織選手のコーチのMichael Changの言葉を引用します。

My knee feels good right now. I am definitely able to move about whichever way.
足の調子はいまいいよ。間違いなくどちらの方向にも動かすことができるね。

MICHAEL CHANG

whatever

『となりのトトロ』でのセリフです。

お父さん:
Everybody, try laughing. Then whatever scares you will go away.
ワッハッハッハ… みんな笑ってみな。おっかないのは逃げちゃうから。

メイ:
But, Dad, I’m not scared.
メイ、こわくないもん。

scareは「~を怖がらせる」、go awayは「立ち去る」、be scaredは「怖がる」という意味になります。whateverは「~するものは何でも」の意味で名詞節を導きます。

次は、『耳をすませば』での場面から。

お父さん:
All right, Shizuku. You have something that you’re doing that you think is more important than studying. Will you tell us what it is?
さて・・・、雫。今、雫がやっていることは勉強よりも大切なことなのか?何をやってるのか話してくれないか?

雫:
When I can tell you, I will.
・・・言える時が来たら言う。

お母さん:
Shizuku, can’t you do whatever it is once your exams are over?
雫、それって今すぐやらなきゃいけないことなの?

onceは「~してから」(from the moment when)、overはfinishedという意味です。whatever it isは「それが何であろうと」という意味の目的語としての名詞節となっています。

3人の会話は続きます。

お父さん:
You work so hard in the library. Whatever you’re doing, I know it’s important to you. And I truly respected that. Honey, why don’t we let Shizuku do what she thinks is best? Not everyone needs to follow the same path.
雫が図書館で一生懸命何かやってるのを見てるしなあ・・・。感心してたんだよ。雫のしたいようにさせようか、母さん。1つしか生き方がないわけじゃないし・・・。

respectは「~を尊敬する」、let A doのletは使役動詞、follow the same pathで「同じ道を歩む」といういみになります。Not everyone…が部分否定であることにも注意。ここでのwhateverは譲歩の副詞節を導いていますが、whatever you are doingで「あなたが何をしていようとも」という意味になります。

ついでにもう一つ。『涼宮ハルヒの憂鬱』での朝倉涼子のセリフです。

Well, just keep doing whatever you’re doing because maybe she’ll warm up to the rest of us. I mean since we’re all in the same class, it’d be really for the best if everyone got along. And that’s why I’m counting on you.
その調子で涼宮さんをクラスに溶け込めるようにしてあげてね。せっかく一緒のクラスになったんだから、みんな仲良くしていきたいじゃない?よろしくね。

keep …ingは「~し続ける」、warm up toは「~に好意的になる」、the rest of usは「残り全員」、get alongは「仲良くする」、count onは「~を頼りにする」という意味です。ここでwhatever you are doingは「あなたがしていることは何でも」という意味で目的語としての名詞節を導いています。

朝倉涼子 涼宮ハルヒの憂鬱

3月 27, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英作文豆知識

Leave a Reply