ジブリで複合関係副詞を学ぼう

Pocket

ジブリで複合関係代名詞を学ぼう」の続きです。

関係副詞に-everをつけたものを複合関係副詞といいます。複合関係副詞にはwhenver, wherever, howeverなどがあり、副詞節を導きます。whereverをwhereeverと書かないように注意してください。

複合関係副詞 whenever wherever however
時・場所の副詞節を導く用法 ~する時はいつでも ~するところならどこでも
譲歩の副詞節を導く用法 いつ~しようとも どこで~しようとも どんなに~しようとも、どういうふうに~しても

 

では今回もジブリとハルヒのセリフを通じて複合関係副詞の例文を覚えましょう。まずはwheneverから。

whenever

『魔女の宅急便』での場面です。トンボに海岸に連れて行ってもらったキキ。

But I’m very glad I came with you today. I feel much better sitting by the beach.
(キキ) でも今日 ここへ来てよかった。海を見てると元気になれそう。

Why don’t I bring you here whenever you want and train myself at the same time?
(トンボ) いつでも連れて来てやるよ。訓練をかねてね。

「feel much better… than~」のthan以下が省略された形です。「前よりも今」という意味だということは容易に予想できます。そこでfeel much betterは「前よりもずっと気分がいい」という意味ということがわかります。sit by the beachのbyは「~によって」ではなくて「~のそばに」(near or at the side of)という意味です。beachは「浜、海辺」、Why don’t I …? は「~しようか?」、train oneselfは「腕を鍛える」、at the same timeは「同時に」。

whenever you wantは直訳すると「あなたが望むときはいつでも」という意味になります。よく使うフレーズです。You can return it whenever you want. だと「返却はいつでもかまいません。」、Please feel free to contact me whenever you want. だと「いつでもお気軽にご連絡ください。」、Come back home whenever you want. だと「いつでも家に戻ってきていいよ。」という意味になります。

もう一つ紹介します。『ハウルの動く城』での場面から。

Look there.
(ハウル) ほら!

What a cute cottage.
(ソフィー) まあーっ!ちっちゃな家!

That was my secret hideaway. I spent a lot of time here by himself when I was young.
(ハウル) 僕の大事な隠れ家さ。子供の頃の夏に、よくあそこでひとりで過ごしたんだ。

You are alone?
(ソフィー) ひとりで?

My uncle, who was a wizard, gave me this place as my private study. Now you can come here whenever you like.
(ハウル) 魔法使いのおじが、僕にこっそり遺してくれた小屋なんだ。ソフィーなら、好きに使っていいよ。

cottage = a small house in the countryside
hideaway = 隠れ家
spend a lot of time = 多くの時間を使う
wizard = 男の魔法使い ◆「女の魔法使い」はwitch
private = 個人用の
study = a room used for quiet work such as reading or writing、書斎

wheneverは「~するときはいつでも」という意味の複合関係副詞です。whenever you likeは直訳すると「あなたが好むときはいつでも」という意味になります。ホテルにチェックインの時間を電話で尋ねて You can check in whenever you like. と言われれば、「いつでもチェックインできます。」ということです。

ついでにもう一つ。『もののけ姫』でのサンとアシタカの最後のセリフです。

Even if all the trees return, it won’t be his forest anymore. The Great Forest Spirit is dead now.
(サン) よみがえってもここはもうシシ神の森じゃない!シシ神さまは死んでしまった。

Never. He’s life itself. He’s not dead, San. He’s here right now, trying to tell us something, that it’s time for us both to live.
(アシタカ) シシ神さまは死にはないよ。生命そのものだから…生と死とふたつとも持っているもの…わたしに生きろといってくれた。

Ashitaka, you mean so much to me. But I can’t forgive the humans for what they’ve done.
(サン) アシタカは好きだ。でも人間をゆるすことはできない

I understand. You’ll live in the forest, and I’ll go help them rebuild Irontown. I’ll always be near. Yakul and I will come and visit you whenever we can, all right?
(サン) それでもいい。サンは森でわたしはタタラ場でくらそう。共に生きよう。会いにくいよ。ヤックルに乗って

「シシ神様」はthe Great Forest Spirit、「タタラ場」はIrontown (鉄の町)と英訳されています。
You mean so much to me. は「あなたは私にかけがえのない人だ。」。
forgive A for B = Bに関してAを許す
human = a person; a human being
go help them…はgo to help themのtoが省略されている形。
rebuilt = ~を再建する
come and visit = ~に立ち寄る

whenever we canは直訳すると「私たちができる時はいつでも」という意味になります。何ができるかというと、ここでは「立ち寄ることのできる」です。

wherever

ハルヒの『孤島症候群』での小泉のセリフです。

Look at this way. Wherever a great detective goes, a strange case is practically guaranteed to happen. See, it’s as if all great detectives have a kind of supernatural power that attracts all the cases to them.
しかしミステリ的創作物の名探偵たちは、なぜか次々に不可解な事件の数々に巻き込まれることになっています。何故だと思いますか?

great detective = 名探偵
case = (警察が介入する)事件
be guaranteed to = ~することを保証されている
practically = almost; very nearly
as if…= あたかも~である
supernatural power = 超能力、超自然的な力
attract = ~を引きつける

「何故だと思いますか?」というセリフが英語版ではその理由の説明になっていますね。ここでwherever a great detective goesは「名探偵が行くところならどこでも」という意味になります。

however

次はhoweverと言いたいところですが、複合関係副詞のhoweverは文語調なので日常会話のトーンのアニメ英語のセリフにはまず出てきません。ということで、アメリカ人の生物学者であるE. O. Wilsonの言葉を紹介します。

You are capable of more than you know. Choose a goal that seems right for you and strive to be the best, however hard the path. Aim high. Behave honorably. Prepare to be alone at times, and to endure failure. Persist! The world needs all you can give.

ざっと訳すると、「あなたは自分が思っているより能力がある。自分に合った目標を決め、その道のりがどんなに困難であろうと最善を尽くしたまえ。目標は高く、恥ずかしくない行動をとれ。時には一人ぼっちになり、失敗に耐える覚悟をしろ。貫き通せ。世界はあなたの成果を必要としているのだ。」

however hard the pathは本来「however + 副詞 + S + V」という形をとるべきなので、however hard the path may beとでもした方が望ましいでしょうね。

複合関係副詞のhoweverは口語ではあまり使われませんが、代わりにNo matter how…という表現がよく使われます。意味は「どんなに~であろうとも」です。

「涼宮ハルヒの憂鬱』での朝倉涼子のセリフです。

I wanna know how you did it. No matter how much I try to talk to her I can’t get Haruhi to answer any of my questions.
私も聞きたいな。私がいくら話しかけてもなーんも答えてくれない涼宮さんが、どうしたら話すようになるのか。コツでもあるの?

wanna = want to
get A to do = (説得などをしてなんとか)Aに~させる

no matter how much…は「どれだけ~しても」という意味です。

もう一つ、ハルヒから。朝比奈みくるのセリフです。

As for me, I’m here because a large time-quake happened three years ago.
Oh, that’s three years ago from the current time in this plane.
We arrived in the past to investigate and we were surprised once we got here.
No matter how hard we tried, we couldn’t go for the back in time from that plane.
The conclusion was that there had to be a large time-gap between the time planes.
It wasn’t until recently that we found the thing that caused it. Um, that is, “recently” in the future where I come from.

三年前大きな時間振動が検出されたの。
あ、うん。いまの時間から数えて三年前ね。
調査するために過去に来た我々は驚いた。
どうやってもそれ以上の過去にさかのぼることができなかったから。
大きな時間の断層が時間平面同士の間にあるんだろうってのが結論。
原因らしいものがわかったのはつい最近。あ、これは私のいた未来での最近のことだけど。

time-quake = 時間振動
plane = 平面
investigate = ~を調査する
once = as soon asThe conclusion was that…=結論は~ということだ、つまり~ということだ
gap = (時間・空間の)隔たり
time plane = 時間平面
It was not until A that ~ = Aになってようやく~した
cause = ~を引き起こす

no matter how hard we triedはhowever hard we triedと書き換えることができます。意味は「どんなにがんばっても」、「どうやっても」となります。

朝比奈みくる

 

3月 30, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英作文豆知識

Leave a Reply