アニメで原級による比較

Pocket

英語でAとBを比べる表現をするためには原級・比較級・最上級のいずれかを使わないといけません。AとBのあいだに差がない場合は原級を使った比較をします。まずは「AはBと同じくらい~だ」というときは A is as ~ as B (is) という基本形をまずマスターしましょう。今回は、『風の谷のナウシカ』と『借りぐらしのアリエッティ』から3つの as ~ as構文を紹介します。

ペジテ市長 ナウシカ

“But once we have the warrior, we’ll burn the jungle, and take back the Earth.”
“You savages. You’re just as bad as the Tolmekians.
“You’re wrong. The Tolmekians want to take over the world.”

巨神兵は英語版ではthe warriorと訳されています。warriorは「戦士」を意味しますが、定冠詞をつけることで最も強い戦士の中の戦士というニュアンスが生まれています。「腐海」はtoxic jungle(「有毒なジャングル」という意味)と訳されています。ここでのthe jungleとはtoxic jungleのことです。once=一旦~すれば。burn=~を焼く; take A back=Aを取り戻す; the Earth=地球; savage=野蛮人; Tolmekian=トルメキアン人; take over=~を奪う

as ~ as構文が使われていますが、justをasの前につけることで「全く同じ」という意味合いになっています。

もうひとつナウシカから。

クシャナ ゴル

Ah, take a look at my hands. I have the same illness as King Jihl. Six months from now, my hands will be as hard as rocks. But our princess told me that she truly loves these beat-up old hands of mine. When she looks at these hands, she knows these are the hands of a hard worker.

make up one’s mind=決心する; villager=村民; surrender=降伏する; end up like A=最後にはAのようになる; strange=奇妙な; take a look at=~をちらっと見る; the same ~ as…は「…と同じ~」の意; beat-up=使い古しの、ぼろぼろの

my hands are as hard as rocksは「自分の手は石と同じくらい固い」という意味になります。

次は『借りぐらしのアリエッティ』から。お父さんのポッドとお母さんのホミリーの会話です。

ポッド ホミリー

Spiller knows of more Borrowers a few days journey away. There’s a small river past the forest. He’s offered to take us on it.
(彼はこの辺りから川向うまでよく知っている。それと、引っ越し先もいくつか心当たりがあるらしい)

Mmm. That’s great. I’m sure we’ll find a new place in no time. And I’m sure it will almost be as nice as this.
(よかった。野宿はしなくてよさそうね。でも、こんないい家がほかにあるかしら)

know of=~について知っている; past=~を越えて; take=~を連れて行く; be sure=~を確信している; in no time=very soon

「こんないい家がほかにあるかしら」というセリフが英語版では「あることを確信している」という意味に変わっていますね。I’m sure it…のitはa new place、as nice as thisのthisはthis placeのことです。

4月 12, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英作文豆知識

Leave a Reply