let the cat out of the bagは「秘密をもらす」


Koizumi: “I was planning on letting the cat out of the bag at some point.”


「let + 目的語 + 動詞の原形」

「涼宮ハルヒの憂鬱」英語版の『孤島症候群・後編』で古泉が発したセリフです。let the cat out of the bag…はどういう意味になるでしょうか。使役動詞のletは「let + A + 動詞」の形で「Aが~することを許可する」(allow A to do)という意味になります。

OSONO: “We have a spare room in the attic. You can use that.”
KIKI: “You’d really let me stay with you?”
オソノ 「家に空き部屋があるから使っていいよ」
キキ 「ホントですか? 奥さん!」
attic = 屋根裏部屋

CALCIFIER: “The roof’s leaking. Don’t let me get wet! Please, don’t let me get wet….”
SOFIE: “Hold on for a second.”
カルシファー 「あああ雨漏りしてる!おいら消えちゃうよ!」
ソフィー 「ここで待ってて!」
leak = 水漏れする
get wet = 濡れる
Hold on for a second = ちょっと待ってください。

SHIZUKU: “What if I’m just a rock? I’m going to try anyway. I’ll write that story and I’ll let you be the first to read it.”
雫 「自分に、こんなきれいな結晶が、あるのかどうか、とても怖くなっちゃった。でも書きたいんです。書いたらきっと、おじいさんに最初にお見せします。」
What if …? = もし~だったらどうしよう

PAZU: “I can’t say I know what’s best, but if Laputa really has such great power, we can’t let it fall into the hands of bad people like Muska.”
パ ズー 「まだ、どうしたらいいか分からないけど・・・本当にラピュタが恐ろしい島なら、ムスカみたいな連中に渡しちゃいけないんだ!」
fall into the hands of… = ~の手に渡る

MIKURU: “Will I be forced to do something like yesterday?”
KYON: “You will be fine, trust me. I’m not gonna let anything like that happen to you ever again.”
ミクル 「あっ。私また昨日みたいなことを…。」
キョン 「大丈夫です。今度は俺が全力で阻止しますよ。」
be forced to do = ~することを強いられる
be gonna = be going to
ever again = 再び ◆everはagainの強意形

HARUHI: I thought when I got into junior high, it was time for me to make a change. I let the world know I wasn’t a girl who was happy sitting around and waiting. And I have done my best to become that person. But in the end, nothing happened. More time went by and before I knew it, I was in high school. I thought that something would change.
ハルヒ 「中学に入ったら、あたしは自分を変えてやろうと思った。待ってるだけの女じゃないことを世界に訴えようと思ったの。実際あたしなりにそうしたつもり。でも、結局は何もなし。そうやって、あたしはいつの間にか高校生になってた。少しは何かが変わるかと思ってた。」
sit around = だらだら過ごす
in the end = 結局
go by = (時が)過ぎる

「let + 目的語 + 副詞(句)」

使役動詞のletは目的語の後の動詞が省略されて「let + 目的語 + 副詞(句)」の形をとることがあります。例えば、let the blinds down(ブラインドを下ろしてくれ)だとlet the blinds go downのgoが省略されています。『孤島症候群・後編』にはlet the cat out of the bagという表現が出てきます。

HARUHI: “If you add it all up, there’s only one conclusion that comes to an end. That is, there was never a murder to begin with. Mr. Keiichi was, is, and always has been alive!”
murder = 殺人
alive = 生きていて

KYON’S SIS: Wow! Amazing!
amazing = very suprising

KYON: “I’m sure that in her mind, Haruhi is probably hearing applause that’s a hundred times bigger than that.”
applause = 拍手喝采

HARUHI: “So, we decided to turn the tables and put on a little show of our own.”
turn the tables = 形勢[立場]を逆転させる
put on a show = 一芝居打つ

MIKURU: “Then the fight I saw on the balcony that day was part of the act as well.”
as well = 同様に

KEIICHI: “That’s right.”

YUTAKA: “And that late night phone call was a fake, too.”
fake = いかさま

KOIZUMI: “I was planning on letting the cat out of the bag at some point.”
at some point = ある時点で、いつか

KEIICHI: “I’m still amazed that you solved the mystery so quickly.”

KYON: “Well, all of your sleuthing caused the whole xxxx scheme to unravel. There was some nice detective work out there.”
sleuthing = 犯罪調査
scheme = 悪巧み
unravel = make clear; solve
detective = 探偵

HARUHI: “Of course, it’s elementary, my dear Watson! Elementary!”ハルヒ:「なーに。初歩的なことだよ、ワトソン君!」
elementary = basic

古泉の「自白しようと」というセリフがlet the cat out of the bagと訳されています。out of the bag (バッグから)の前に何の動詞が省略されているかは不明ですが(go?)、意味はdisclose a secret、つまり「秘密をもらす」という意味になります。通常は、意図的ではなく「うっかり」(inadvertently or carelessly)秘密をもらしたときに使います。「英辞郎」によれば語源は「袋に入れた猫を「豚が入っている」とうそをついて売ろうとしたら、袋を開けられて、秘密がばれてしまったという話」からきたそうです。ただし、以下の記事は、豚と猫は体重がまったく違うので猫を袋に入れてごまかせるわけはないので、この説を否定しています。



6月 22, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英単語豆知識

Leave a Reply