トトロの英語(17): crabは「カニ」、crabbyは「怒りっぽい」

Pocket

トトロに出会ったサツキは七国山病院に入院しているお母さんに手紙を書きます。

お母さん。まだ胸がドキドキしてるくらいです。とてもフシギで不気味で楽しい1日でした。それにトトロのくれたお礼もステキだったの。ササの葉でくるんで、竜のヒゲで縛ってある包みでした。家に帰ってから開けてみました。そしたら、中から木の実が…。お家の庭が森になったらステキなので、木の実は庭にまくことにしました。でも―、なかなか芽が出ません。メイは、毎日毎日、まだ出ない、まだ出ないと言います。まるで、サルカニ合戦のカニになったみたい。もうすぐ夏休みです。早く元気になって下さい。お母さんさま。サツキ。

英語版ではこう訳されています。

トトロ カニ

Dear Mom, we had such a weird, mysterious, spectacular day. My heart is still pounding. Totoro gave us a wonderful present. It was wrapped in a bamboo leaf and tied with a ribbon made of grass. As soon as we got home, we opened it. It was filled with acorns. We wanted to grow a beautiful forest with the acorns, so we planted them in your garden out back, but they just won’t grow. Mei watches them all day, every day, waiting for them to sprout, and it’s starting to make her crabby. Here’s a picture of Mei as a crab. Summer vacation is almost here, and I can’t wait to play outside with you. Please get well soon. Love, Satsuki.

以下、英文をひとつずつ確認します。

お母さん。まだ胸がドキドキしてるくらいです。とても不思議で不気味で楽しい1日でした。
Dear Mom, we had such a weird, mysterious, spectacular day. My heart is still pounding.
「不思議で不気味で楽しい」がweird, mysterious, spectacularと訳されています。「AとBとC」は正確にはA, B, and Cとなりますが(Bの後のコンマは省略可能)、会話文ではよくandが省略されます。My heart is pounding は「心臓がドキドキしている」。

それにトトロのくれたお礼もステキだったの。
Totoro gave us a wonderful present.
give A Bは「AにBを与える」という意味。第4文型の文ですが、目的語の順を入れ替えて

Totoro gave a wonderful present to me.
という第3文型の文で表現することもできます。

ササの葉でくるんで、竜のヒゲで縛ってある包みでした。
It was wrapped in a bamboo leaf and tied with a ribbon made of grass.
bamboo leafは「ササの葉」のことです。「竜のひげ」(dwarf mondo grass)はユリ科の草ですが、英語版では「grass 草」とだけ訳されています。…tied withはIt was … tied withということ。be wrapped inは「~で包まれている」、be tied withは「~で結ばれている」という意味。made of grassは前の名詞のa ribbonにかかって、「草で作られたリボン」という意味になります。

家に帰ってから開けてみました。
As soon as we got home, we opened it.
「家に帰ってから」はas soon asという表現を使うことで、英語版では「家に帰ってすぐ」という意味のセリフになっています。

そした ら、中から木の実が…。
It was filled with acorns.
acornは「どんぐり」。be filled withは「~でいっぱいである」。

お家の庭が森になったらステキなので、木の実は庭にまくことにしました。でも―、なかなか芽が出ません。
We wanted to grow a beautiful forest with the acorns, so we planted them in your garden out back, but they just won’t grow.
「お家の庭が森になったらステキなので」が「私たちはどんぐりのある美しい森を育てたい」と意訳されています。out backは共に副詞ですが、今いる家の中から見て「外」(out)と「裏側」(back)に、という事です。「芽が出ない」はthey just won’t come outではなく、「成長しない」という意味に訳されています。

メイは、毎日毎日、まだ出 ない、まだ出ないと言います。まるで、サルカニ合戦のカニになったみたい。
Mei watches them all day, every day, waiting for them to sprout, and it’s starting to make her crabby. Here’s a picture of Mei as a crab.
sproutは「芽を出す」という意味。come outと言ってもかまいません。「make + 目的語 + 形容詞」は「AをCにする」という意味の第5文型。「カニ」はcrabと言います。オリジナルにはない Here’s a picture of Mei as a crab. という文が英語版には追加されています。なぜメイがサルカニ合戦のカニになったみたい、かと言うと、サルカニ合戦でカニは猿に言われて柿の種を埋める場面があるからです。「サルカニ合戦」はThe Crab and the Monkeyと訳されますが、「サルカニ合戦のカニになったみたい」を直訳しても、アメリカ人には何のことかさっぱりわかりません。そこでアメリカ版では「メイがcrabbyになり始めた」という見事な表現で切り抜けています。crabbyは「怒りっぽい」(easily annoyed and complaining)という意味の形容詞です。サツキが描いたカニはイライラしていそうに見えませんが、そこはご愛嬌です。

もうすぐ夏休みです。早く元気になって下さい。お母さんさま。サツキ。
Summer vacation is almost here, and I can’t wait to play outside with you. Please get well soon. Love, Satsuki.
「早く元気になってください」が「お母さんと外で遊ぶのが待ち遠しい」という表現になっています。

 

crabby crab

 

11月 24, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・トトロ

Leave a Reply