蟲師の英語: 1. 緑の座 The Green Sheet

Pocket

amazon.comで「蟲師」の英語版DVDを購入できます。全26話入ったボックス・セットが$20もしません。セリフの英語が聴き取りやすく、英語学習用の教材としてはわりとお勧めのアニメDVDです。英語セリフのスクリプトはhttp://animetranscripts.wikispaces.com/で確認することができます。

第1話の「緑の座」で興味深いセリフをいくつか取り上げてみました。

およそおよそ遠しとされしもの下等で奇怪
見慣れた動植物とはまるで違うと思しきもの達
それら異形の一群を、
人は古くから畏れを含み
いつしか総じて蟲と呼んだ。

They dwell, unseen in the shadows. A host of creatures completely different from the flora and fauna familiar to us. An invisible world of life within our own. Since the dawn of humanity, these phantoms have inspired fear in those who could not understand and have, over the ages, come to be known as “mushi.”

五百蔵廉子

文語調なので英文もわかりにくいですね。人称代名詞から始まっているのが面白いです。Theyとは蟲のことですが、theyが何か示さないままThey dwell…と言い始めることで、聞き手はtheyが何か気になって話に引き込まれてしまいます。小説のライティングでよくある手法です。

creatureは「生き者」、flora and faunaは「動植物」、phantomは「幻影」を意味します。英文はかなり意訳されています。「およそおよそ遠しとされしもの」と「下等で奇怪」は英訳されていません。「畏敬の一群」はthese phantomsという違った意味で訳されています。

 

 

次はオープニング。

女の子の声 「誰か来る。なんか妙な奴がくる。誰か来る。」
Someone’s coming… Someone strange… Someone’s coming…!

ギンコ 「なんか今いたなあ。猿かね。しかし緑が異様なくらい鮮やかな所だな。ここは。
What was that? A monkey, maybe? Or maybe the forest is playing tricks on me. It’s like a sea of green in all directions — I could lose myself in it.

play a trick on (~にトリックを使う)のtrickが複数形になっています。lose oneselfは「道に迷う」という意味です。「しかし緑が異様なくらい鮮やかな所だな。」の部分は英訳されていません。

 

 

しんらはギンコに自分の力について説明します。

ご覧になったように、昔から僕がものの形をかたどると、それは既存の生物でなくとも、生命を持つんです。でも、新たな生物を生み出すなど、人のしてよい所業ではない。八百万の神々の怒りを受ける。と言って、左手でものを書くことを祖母に禁じられました。

If I draw a picture of something, it comes alive. Even if it’s not a picture of a living thing. See, my grandmother felt it was somehow wrong that a person should be able to create new forms of life out of thin air: That was work best left to the god, she always said. And she absolutely forbade me from drawing anything with my left hand.

draw a picture of = ~の絵を描く
living thing = 生物
out of thin air = from nothing 無から
forbid A from …ing = Aが~するのを禁じる

 

 

しんらが、4年前に亡くなったばあちゃんにこの家を出てはいけないと言われたと言うと、ギンコはつぶやきます。

たしかに。もしこいつが里に住み、人前でうっかり何かを生み出してしまったら、こんな風に平穏には生かしてもらえんだろう。その性質は、あまりに人知を離れている。

I can see why. If he were living in a town or village and accidentally brought some strange creature to life where others could see it… well he probably wouldn’t be able to live a quiet, peaceful life like he does now. An ability like his is beyond the scope of most people’s understanding.

accidentally = 偶然に
bring A to life = Aを生み出す
live a … life = ~な生活を送る
beyond the scope of = ~の範疇を超える

この文章はいくつか重要な英文法項目が見受けられます。まず、「もしこいつが里に住み、人前でうっかり何かを生み出してしまったら」は単なる想定ではなく、それは「あってはならないこと→ありえないこと」ということで仮定法過去が使われています。直説法であればIf he is living in a town or village and accidentally brings…であるところを、仮定法過去なのでwere/broughtなのに注意。直説法と仮定法のちがいが分からない人はhttp://ameblo.jp/shinzato-english/entry-11479116241.htmlをお読みください。

some strange creature to life where others could seeのwhereは関係副詞ですが先行詞がなにかわかりにくいです。whereの先行詞は場所を表す語でないといけないからa town or villageが先行詞と思う人も多そうですが、それでは意味が通じません。だとすると「ほかの人が見ることのできる」の先行詞はsome strange creature (奇妙な生き物)と考えるのが無難そうです。口語英語は先行詞が場所でなくても関係副詞whereが使われることがよくあります。

An ability like his…のhisは所有代名詞です。his abilityの代わりに使われています。an ability like his abilityと言うと冗長的になるから後のabilityは省略されているわけです。

 

 

ギンコはしんらに蟲がどのようなものか説明します。

大雑把に言うとこうだ。こっちの4本が動物で、親指が植物だとする。…とヒトはここ。心臓からいちばん遠い中指の先端にいる、ってことになるだろう。手の内側にいく程、下等な生物になっていく。辿っていくと、手首あたりで血管がひとつになってるだろう。

That’s right. I suppose there’s really no simple way to explain what they are. But let me give you an analogy. Say these four fingers represent animal life and your thumb represents plant life. Human beings would be here — at the tip of your middle finger, the farthest point from your heart. Moving toward the palm of your hand, you find the lower forms of animal life. When you get to your wrist, though, that’s where your blood vessels combine into one, right?

Sayは「例えば」という意味の副詞。
represent = ~を表わす
at the tip of = ~の先端でthe farthest … = 最も遠くの、最も離れた ◆「最も遠く」は一つに確定されるので定冠詞のtheがついています。
Moving toward…は分詞構文
the lower forms of animal lifeですが、lower life formで単細胞生物などの単純な生命体を意味します。
blood vessel = 血管

finger

 

 

ギンコの話が続きます。

ここらにいるのが、菌類や微生物だ。この辺りまで遡ると、植物と動物との区別をつけるのは難しくなってくる。けど、まだまだその先にいるモノ達がある。腕をさかのぼり、肩を通り過ぎる。そしておそらく、ここらへんにいるモノ達を、「蟲」あるいは「みどりもの」と呼ぶ。生命のそのものに近いものたちだ。「そのもの」に近いだけあって、形や存在があいまいで、それらが見える性質とそうでない者に分かれてくる。

This is where you would find fungi and microorganisms. From here, it becomes more and more difficult to distinguish between plant and animal life. Even so, there is still life beyond this point. And if you keep going, all the way up your arm… past your shoulder… when you get to this point — at the place that’s closest to your heart, right here — these creatures are the “mushi.” They are life in its purest form. Because of their nature, their shapes and physical appearances are ambiguous. Some you can see, some you can’t.

fungi = 菌類
microorganism = 微生物
distinguish between A and B = AとBを区別する。
past = ~を通り過ぎて
the purest form = もっとも純粋な形
physical appearance = 外見

Some you can see, some you can’t. はsomeを強調して倒置されています。

しんらが「うん、透けてるのもいる、幽霊みたいに。」
Yeah. Some were transparent… sort of like a ghost.
と言うと、

transparent = 〔向こう側が見えるほど〕透き通った

ギンコが次のように返答します。

いわゆる幽霊ってやつの中にも、正体は蟲だと言うものもある。人に擬態できるものもいるからな。おまえのばあさんにはそれらが見えなかったんだろう。感覚を分かちあうのは難しい。相手の触れたことのない手ざわりを、相手にそのまま伝えることはできないように。見たことのない者と、その世界を分かちあうのは難しいさ。
Many of the things that people call ghosts are actually mushi of some sort. Some can even take on human form. I’m guessing your grandmother was simply unable to see the mushi. It’s not surprising she didn’t believe you; it’s not easy to communicate a sensory experience. Just as it would be difficult to completely describe the feel and texture of an object to someone who’s never held it in his own hands. Try though you might, unless your grandmother could see it with her own eyes, it would be almost impossible to make her understand the mushi world.

take on human form = 人間の形をもつ
sensory experience = 感覚的経験
texture = 手触り the quality of something that can be decided by touch
hold A in one’s own hands = Aを両手で持つ

しんらがつぶやきます。

でも、ばあちゃん。僕は、そのおかしなもの達がこの世界にいるってことが、嬉しくてたまらないんだよ。
I’m sorry, Grandma… I didn’t know… but you have no idea how happy it makes me to learn that these strange creatures really do exist.

do existのdoは強調の助動詞doです。you have no idea…は「あなたは分からない」という意味。

 

 

しんらが緑色の杯を描く場面です。

書くとこ見ちゃだめだよ。
Don’t watch me while I’m drawing.

見るなって言われたら、見んわけにはいかんだろう、やっぱり。
Since he told me not to, I just have to look.

蟲が廉子に言う場面。

さかずきを交わし、最高のもてなしをしたのにはそなたに頼みたいことがあるからだ。これより31年後に誕生する、そなたの孫が、生物世界を変えるほどの特異な性質をもって生まれてくる。そなたには生涯その目付けをしてほしいのだ。
The reason we have set this banquet for you and shared with you this drink is that we have a favor to ask of you. Thirty-one years from now, your grandson will be born with a very special gift: a power with a potential to change the world as you know it. We would like you to watch over him for the entirety of his life.

banquet = 宴
have a favor to ask of A = Aに頼みたいことがある
gift = 〔特別な〕才能、資質
potential = 潜在力
watch over = ~を監視する、見守る
the entirety of = the whole of

 

 

ギンコが去る場面です。廉子とギンコの会話です。

調査抜きなら近くへ来た時、寄るといい。仕方がないとはいえ、こんな所にひとりではしんらも寂しかろう。
Well, if you’re ever traveling this way, I do hope you’ll stop by. I know it can’t be helped, but Shinra does get lonely here by himself.
別にその必要はないんじゃないか。これからはいつでもあんたがそばにいるんだから。
No. I don’t think he’ll have that problem anymore. At least, not as long as he has you here by his side.

stop by = 立ち寄る
It can’t be helped = どうすることもできない
by oneself = 独りで
as long as = ~である限り
by A’s side = Aのそばに

I do hope…とShinra does get…のdo/doesはともに動詞を強調しています。

 

 

最後のセリフです。

それ以後、神の左手を持つ少年についての新しい噂はぷっつりと途切れた。
From that day on, the rumors of the boy with the god-like left hand were heard less and less, until finally, they simply faded away.

from that day on = その日以来
less and less = 次第に少なく
fade away = 次第に消えていく

mushishi

12月 2, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・蟲師

Leave a Reply