ただでアメリカの大学の授業を受ける: (2) MITのOpenCourseWare

Pocket

Unlocking the Gates: How and Why Leading Universities Are Opening Up Access to Their Courses by Taylor Walsh (Princeton University Press, 2011)
Chapter 3  Free and Comprehensive: MIT’s OpenCourseWareより。

Unlocking the Gates

2002年9月にマサチューセッツ工科大学(MIT)がOpenCourseWare (OCW)を立ち上げます。すべての授業のシラバス・講義ノート、リーディングリスト、宿題など、授業に関するものをネットに公開しますが、FathomとAllLearnの失敗の教訓を生かして、誰もが「無料で」利用できるようにします。ただし、OCWはonline access to comprehensive course materials, but with no “tutoring” in using them and no “credentialing”の原則に徹します。つまり、キャンパス内の学生が享受できる教授からの直接の指導と単位取得は認められないという事です。

MIT's OWC

The MIT OCW saga is the best known of these initiatives. The leadership at MIT also flirted with a for-profit model but concluded, following a careful study of different options that included advice from outside consultants, that there was no likelihood of a vibrant market for what MIT wanted to provide: online access to comprehensive course materials, but with no “tutoring” in using them and no “credentialing.” These two “no’s” are extremely important. Studies of online courses that involve continuing interactions with faculty have warned for years that providing such interactions can be demanding and expensive. We also know that it is the certificate or degree associated with completing a course of study that, in the minds of many, is what is really valuable (and thus marketable). Yet highly selective colleges and universities such as MIT have never seriously considered going down this “credentialing” path. The reasons are both understandable and straightforward. Universities such as MIT believe that the educational value that they offer to their carefully chosen students derives in large part from the on-campus and in-person setting in which teaching and research take place. They do not want to undercut this value proposition by giving “MIT credit” for a very different online offering that, in their view, would not be of “MIT quality.” Presenting some of their own on-campus courses in a strictly online mode could also compromise their ability to compete with other elite universities for the very best students—many of whom expect face-to-face contact with professors and regular in-class interactions with talented peers. (p.viii-ix)

エール大学内で行われている授業の内容をネットに公開するためには、教員の協力が必要となります。当初は1つのコースにつき3千ドルが支払われましたが、2005年には2千ドルに減り、2006年には支払いがなくなります(p.69)。教員の手間暇をできるだけ減らすために、教員にはシラバスやリーディングリスト等の資料を提供することだけを求め、digitizing the materials, creating additional materials when necessary, addressing intellectual property concerns…, and posting the content to the site. (p.70) といった作業はOCWの専属スタッフが行います。

OCWの際立った特徴のひとつが「広く浅く」です。2015年12月現在、ネット公開された講座の数は2,260に及びます。しかし、何を提出するかは教員の自主性に任されています。そのため、授業ビデオもある講座もあれば、シラバスとごくわずか講義関連資料しかない講座もあります。

While the vast majority of courses taught at MIT are represented on OCW, the amount of content present for each course is not uniform; the depth varies widely from course to course, from the robust—complete archive of video lectures, extensive notes, homework and test questions (p.65)

これだけ利用可能な講座があると、外部の利用者には使いづらいところも出てきますが、OCWは大ヒットします。毎月、200万人がサイトを訪問し、累計訪問者数は1億7,500万人を超えています(2015年12月現在)。北米の利用者は約44%。つまり、過半数はアメリカ・カナダ以外からのアクセスです。特に、発展途上国の高等教育の整備に役立つことが期待されています(p.71)。OCWはMITの教員や学生からも、とても有用だという声が聞かれています。多くの講座で受講生はOCWにアクセスして、シラバス、リーディングリスト、講義ノートを確認し、時にはビデオ講義や音声講義を視聴することで同じ授業を2度受けることができます(p.62)。

教員: Many contend that OCW has positively affected teaching and learning at MIT. As Brown put it, the presence of a course’s written materials on OCW “pushes the faculty in the direction of ‘How do I best use the contact hours so that people learn?’ which is clearly critical.” The 2005 survey showed that many professors felt that contributing to OCW improves their teaching: of the MIT faculty surveyed, 32 percent agreed that contributing to OCW “improves their teaching materials.” Margulies suggested that the reason for this could be that faculty pay more attention to the quality of their course content when they know those materials will be shared with a world audience. OCW has also permitted faculty to look closely at colleagues’ teaching materials and to identify gaps between concepts covered in lower- and upper-level courses, evaluating the curriculum as a whole perhaps for the first time. Lerman said that a comprehensive publication like OCW has been somewhat of a uniting force for the MIT faculty: “OCW is one of the few things that all the faculty do together. I couldn’t get 5 or 10 percent of them to come to a faculty meeting, yet 90 percent of them have licensed their materials to OCW.” (pp.80-1)

学生: OCW also receives significant use on MIT’s campus and has generated positive feedback from students. The 2005 Program Evaluation Findings Report states that “in all semesters for which the OCW site was available, the heaviest use from the MIT domain coincides with registration week,” suggesting that MIT students are using it as an “enhanced course catalogue” when selecting their classes. “Additional traffic spikes occur during mid-term and finals weeks, suggesting use of the site by students in preparation for examinations.”  (p.81)

以下、OCWの利用方法について説明します。まずはOCWにアクセスしてください。

http://ocw.mit.edu/

Courses  About  Donate  Featured Sites

という表示が見えます。Aboutはこのサイトについての説明、Donateは「寄付してね」ということです。Coursesをクリックすると、

Find Courses by:
Topic
MIT Course Number
Department

という表示が出ます。MIT Course Numberは講座のナンバーによる検索です。MITの学生でなければ使うことはありません。皆さんは、「トピック」(Topic)か「学部」(Department)で興味のある講座を検索する事になります。Topicをクリックすると

Course FinderTopicという欄に

Business
Energy
Engineering
Fine Arts
Health and Medicine
Humanities
Mathematics
Science
Social Science
Society
Teaching and Education
という表示が出ます。

興味のあるトピックをクリックすると、さらに「サブ・トピック」(sub-topic)が表示されます。例えば、Social Scienceをクリックすると、

Anthropology
Archaeology
Communication
Economics
Game Theory
Geography
Legal Studies
Political Science
Psychology
Public Administratoin
Sociology

という項目が出ます。興味のあるサブ・トピックをクリックすると、さらに「専門分野」(specialty)が表示されます(表示されないサブ・トピックもあります)。例えば、Economicsをクリックすると、11のspecialityが表示されます。

「学部」(Department)で検索すると、

Course FinderDepartmentという欄に
School of Architecture and Planning
School of Engineering
School of Humanities, Arts, and Social Sciences
School of Science
Sloan School of Management
Other Programs

という項目が出ます。DepartmentよりもTopicの方が使いやすいようです。

トピックに該当する講座は下のResultsに表示されます。興味のある講座名をクリックしてView Courseをさらにクリックすれば講座内容が詳しく表示されます。

しかし講座内容の説明が細かすぎて戸惑う人も多いかと思います。MITの学生でない限り、OCWの利用価値は授業のビデオもしくは音声を視聴することにあるので、ビデオ/オーディオもある講座だけ注目しましょう。Limit your results to courses containing any of the following features: という欄のVideo/Audio Lecturesの□をクリックしてください。試しにSociety – Gender Studiesを見てみると、45の講座が出てきたのでVideo/Audio Lecturesの□をクリックして再度検索すると、

あら No results. という表示が出ました。

やはり質より量のOCWでは授業のビデオを公開している講座はそれほど多くないみたいですね。小項目ではなく、大項目でビデオが視聴できるか確認したほうがよいようです。例えば、Social Science ▶ PsychologyでVideo/Audio Lecturesの□をクリックすると、7つの講座が出てきました。

その中の9.00SC Introduction to Psychologyを見てみましょう。

http://ocw.mit.edu/courses/brain-and-cognitive-sciences/9-00sc-introduction-to-psychology-fall-2011/

Prof. John Gabrieliの学部生用の心理学入門の講座です。左側のSYLLABUSとTHIS COURSE AT MITで講義の概要が説明され、INTRODUCTIO以下で毎週の講義が順次紹介されています。試しにINTRODUCTIONをクリックしてください。そうすると、第一週目の授業概要を確認できます。そこのView Full Videoの下のLecture 1: Introduction (00:49:44)をクリックすると授業ビデオを視聴することができます。

ビデオ講義は以下のサイトからもチェックできます。

https://www.youtube.com/channel/UCEBb1b_L6zDS3xTUrIALZOw

ただし上記のサイトも少し使いづらいです。

全体的な感想ですが、MITのOCWは外国の学生が気軽に利用できるように作成されているという感じではないです。学生向けというよりも教員向けのサイトです。もともと、発展途上国の高等教育改善に寄与することも期待されたサイトだけあって、大学教員が自らの授業を改善する際にOCWを利用するのは非常に有用であると感じられました。教員ではなく、大学生や社会人がアメリカの大学の講義を視聴したいというのであれば、カーネギーメロン大学(CMU)のOLIやエール大学のOYCの方がはるかに使いやすいです。次回、CMUのOLIを見てみます。

12月 10, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ■英語教材

Leave a Reply