蟲師の英語: 2. 瞼の光 The Light of the Eyelid

Pocket

蟲師第二話「瞼の光」。スイという少女は蔵で毎日を過ごしていた。光が目に当たると激痛が走る奇病にかかっていたからだ。彼女の身の回りの世話をするのは幼馴染のビキという少年。スイの噂を聞いたギンコはビキの家を訪れ、スイの治療に取りかかる。

瞼の光

瞼の光

瞼の光

気になるセリフをいくつか取り上げます。

スイ 「ねえ、ビキ。ビキには教えてあげるね。あたし知ってるの、この病気の原因。蟲がいるのよ。住んでるの。ずっと私の目の中に。」
I want to tell you a secret. It’s about my disease. I know what’s causing it. I can feel them, you know… swimming around… mushi… living inside my eyes.

…tell you a secretは「tell A B = AにBを告げる」という第4文型の文章。diseaseは「病気」。同じ「病気」という意味のillnessとsicknessとの違いについては「病気という意味の illness と disease と sicknessの違い」を確認してください。蟲が私の目の中に「住んでるの」が「泳ぎ回っている(swimming around)」に意訳されていますね。

ビキ 「スイは本家の末娘で、半年ほど前、光が当たると目が痛むという病を患った。それは、どこの眼医にも原因が分からぬ奇病で、治療法も見つからないうちにわずかな光にもひどく 痛がるようになっていった。そのため、より光を遮る丈夫な蔵のある僕の家にひとり預けられたのだ。それは、スイのためだったのかもしれないけど、僕にはス イがここに捨てられていったように見えた。」
My cousin Sui is the youngest member of our family. About six months ago, she contracted a disease that made her eyes sensitive to light. It was a mystery. None of the eye doctors could figure out the cause of her illness, and before they could find a way to treat her, Sui’s eyes became so sensitive that even the smallest amount of light would cause her great pain. When there was nothing they could do, her parents brought her to my house since we have a sturdy storage shed that blocks out light. They said it was for Sui’s own good that they left her here, but to me it seemed more like they had given up, like they were abandoning her.

末娘は「一番若い家族の一員」という意味でthe youngest member of our familyと表現されています。1人しかいないのでa youngest member…ではなくthe youngest…となります。「病を患う」はcontract a disease。…made her eyes sensitive to…は第5文型。figure outはunderstandもしくはsolveの同義語。find a way to treat herで「彼女を治療する方法を見つける」。Sui’s eyes became so sensitive that…は「so ~ that…」で「非常に~なので…」という定番の構文です。「わずかな光」は「一番小さな量の光でさえも」(even the smallest amount of light)と意訳されています。これもthe youngest memberと同じく最上級なので定冠詞のtheがついています。sturdyは「(物が)強固で丈夫な」という意味の形容詞。storage shedもshedも「倉庫」を意味します。block A outは「A(光や音)を遮る」、abandonは「~を見捨てる」という意味。

スイ 「瞼の裏にね、もう一つ瞼があるの。そこは、絶対に外の光が届かないところで、蟲はそこにいるのよ。
Did you know we have another eyelid? A second one behind our outer eyelid. Between them, there’s a place where no outside light can ever get in. That’s where the mushi live.

eyelidは「瞼」、outerは「(中心から)遠くにある」。…a place where no outside light can…のwhereは場所を表す語が先行詞の時に用いられる関係副詞です。

スイはビキに目を閉じるよう言います。目を閉じたビキ。するとビキニも何か、ちかちかしたものが目の中を動いているのが見えます。

スイ 「でしょう。一度まぶたを閉じても、目はまだその瞼を見ていて、本当には閉じていないの。だから、本当の真っ暗闇が欲しい時、そのちかちかを見ている目玉をもう一度閉じるの。そうしたら、上の方から本当の闇が下りてくる。」
That’s right. Even after you close your eyes, you’re still looking at the backs of your eyelids. Your eyes aren’t really closed. So that’s why, if I ever want to make it where I see nothing at all, all I do is close my eyes again… to shut out the flickering. That’s when a curtain of darkness falls, and it becomes truly pitch-black.

「目はまだその瞼を見ていて」は「あなたの瞼の裏側を見ていて」(..looking at the backs of your eyelids)に意訳されています。瞼は2つ、その瞼の裏も2つあるから複数形になっています。「ちかちか」は「ちらつき」という意味でflickeringと訳されています。pitch-blackはblackの強意形です。if I ever want to make it where I see nothing at allは文法的にどう説明するのがいいのかなあ。ちょっとわかりませんm(_ _)m

ビキのお母さん 「あの子はいい子だよ、とても。母さんはこらえなきゃいけないね。あの子が心の中まで光を失ってしまわないように、ついててあげるんだよ。でも頼むから、おまえまであの病になってしまわないで。」
She’s a good girl. It’s not her fault this happened. I’ll just have to try to set my worries aside. Keep being a friend to her, Biki, so she doesn’t lose the light in her heart as well. But please… please, whatever you do… don’t let yourself get infected with her disease…

「fault = 落ち度」、「set A aside = Aを退ける」、「keep …ing = ~し続ける」。as wellは文尾について「おまけに、その上、なお」(too; also)という意味になります。whatever you doは「あなたが何をしようとも」、get infected withは「(病原体)に感染する」。

しかし、ビキは感染して、ビキも光に過剰に敏感になってしまいます。代わりに蔵に食事を運ぶビキの母親。彼女はスイにこう言います。

ビキは…もう来させないわ。あなたの病気、あの子に伝染したの。あなたが、悪いんじゃないわ。他人に情けなんかかけたのが悪かったのよ。
I’m sorry… Biki… he won’t be coming back. He’s caught your illness, whatever it is. I know you didn’t mean it… It’s not your fault. It’s my fault for feeling sorry for you.

「来させないわ」は「戻ってこないわ」(…won’t be coming back)という意味に変わっています。won’tはもちろんwill notの短縮形です。catch one’s illnessで「~の病気にかかる」、whatever it isは「それが何であろうと」。I know you didn’t mean it…はスイがビキを病気に感染させようとしたのではないことを知っている、ということです。feel sorry for Aは「Aを哀れ・不憫に思う」という意味です。

突然ビキの家を訪れたギンコはビキの症状を見ます。

ビキは…この子は治るんですか?
“Are you telling me you can cure my son?”

ああ、そっちの蟲はまだ孵化直後みたいです。薬による治療だけでおそらく効くでしょう。
“Well, since he was so recently infected, the medicine alone should be enough.”

cure = ~を治す
be infected = 感染する
medicine = 薬
should be enoughのshouldは現在での推量で「当然~のはずだ」という意味の助動詞です。

そして、スイの目を見るギンコ。

スイの目玉はもう死んでる。だが、なんとかはしてみる。二つ目の瞼は長い時間閉じすぎると、闇に眼玉が食われるんだよ。じゃあいいか、スイ。月の光で蟲をおびき出す。二つ目の瞼を閉じたまま、目をゆっくりと開くんだ。
Sui’s eyeballs are both dead. But I’ll try to do something for her if I can. If you close your second eyelid for too long, eventually your eyeballs are consumed by the darkness. Are you ready, Sui? We’re going to use the moonlight to chase out the mushi. Now, keep your second eyelid closed, and slowly open your eyes.

eyeball = 目玉
if I canはif I can do something for herのdo something for herが省略されています。
eventually = 最終的に
consume = eat
darkness = 〔光が及ばない〕暗がり、暗闇
moonlight = 月の光
chase out = ~を追い出す
keep A C = AをCの状態のままにする ◆第5文型

やはりもう使い物にならんな。うまくいくかはわからんが…。これをスイにやる。きみ、さっきから驚きすぎ。まっ、そうあせるな。義眼だよ。これはさっきの液状の蟲だ。これを吹き込めば、ただのガラス玉も、眼球として生命をもつはずだ。
Her eyes have been completely devoured. I don’t know if this will work, but… I’ll try giving her this. You know, you can stop freaking out now. You’re gonna faint if you’re not careful. Come on, it’s just a glass eye. This is some of the liquid mushi we saw a minute ago. If I inject this into the glass eye, it should turn into a functioning eyeball.

devour = ガツガツ食べる
freak out = ひどくびくつく
You’re gonna… = You are going to…

faint = 失神する
liquid = 液状の
inject A into B = AをBに注入する
it should turn into…のshouldは現在での推量で「当然~のはずだ」という意味。
turn into = 〔性質・外観などの点で〕~に変わる[変化する]
functioning = 機能している

ナレーターの声です。

人間 は光を手に入れた頃から、二つ目の瞼のとじ方を忘れたんだという。まあそれは、生きるものとしてはよかったのかもしれない。かつて人間は、そのものを見過 ぎたばかりに、目玉を失うものも多かったというから。二つ目の瞼、本当の闇、異質な光。我々の足の下を泳ぐ無数の生命、そのものの群れのこと。
From the time that man first emerged into the light, it is said that he forgot how to close his second eyelid. However, this development was perhaps for the best, for before that time, many a man had lost his sight from staring too long into the underground river of light. The second eyelid, true darkness, alien light… Each of these names refers to the sea of infinite life forms swimming beneath our feet…

「光を手に入れた」が「光の中に現れた(emerged into the light)」という表現に変わっています。It is said that he forgot how to close his second eyelid.He is said to have forgotten how to close his second eyelid. と言い換えが可能です。ここでのmanはan adult male(男)ではなく、the human race(人)を意味をします。無冠詞だと女性も含めた「人」という意味になります。無性語ですが続く人称代名詞はheになります(he or sheという事も可能)。女性蔑視の表現なので「人」や「人類」という時は、manではなくhuman beingsやpeopleと言うのが無難です。the best, for before that time…のforは「なぜなら」という意味の接続詞。主語のmany a manは「なんと多くの者は…」という意味になります。「そのもの」は直訳しても意味が通じないので、the underground river of light (地下の光の河)と英訳されています。「地下」は「足の下」ということです。

development = 展開、発展
lose one’s sight = 失明する
stare = 凝視する
refer to = ~に言及する (mention)
infinite = 無限の
life form = 生命体
beneath = below; under

ラストはビキの声です。

スイは蔵を出た。木々や、花や、光をたくさん見る。もう、暗闇の中で、あの不思議な光に魅せられることもないだろう。あの人もスイと同じようにして、本物の片目をなくしたんだろうか。
Sui was finally able to come out of the shed. She’s so happy now, she spends her time admiring the trees and the flowers in the sunlight. I don’t think she’ll ever be tempted to look for that strange light in the darkness again. I never did ask him, but I wonder if the mushi master lost his real eye the same way Sui did…

「スイは蔵を出た」は「彼女はついに蔵から出ることができた」と意訳されています。admireはfind someone or something attractive and pleasant to look at (~に感心してほれぼれと眺める)、be tempted toは「~したい気持ちにさせられる」という意味。I never did ask himのdidは動詞のaskを強調したものです、強調しないとI never asked him…になり、否定形の強調であるneverも変更すると、I did not ask him…になります。 I wonder if…は「~かどうか不思議に思う」という意味になります。mushi masterとは「蟲師」のことです。

蟲師 瞼の光

1月 17, 2016 · Pukuro · 2 Comments
Posted in: ・蟲師

2 Responses

  1. かっち - 1月 17, 2016

    為になる情報をいつもありがとうございます。

    蟲師、面白そうですね。
    早速観てみたいと思います〜〜

  2. Pukuro - 1月 17, 2016

    蟲師の英語版DVDでは正確な英語字幕が出ませんが

    http://animetranscripts.wikispaces.com/Mushishi+-+%E8%9F%B2%E5%B8%AB

    に完璧なスクリプトがあるので、これを利用して英語版蟲師を視聴することをお勧めします^^

Leave a Reply