蟲師の英語: 3. 柔らかい角 Tender Horns

Pocket

蟲師第三話「柔らかい角」。

雪の降りしきる山奥の村で耳が聞こえなくなる者が出てくる。音を食らう蟲、吽(うん)のせいだ。吽は人の耳の中に入り込み、蝸牛に住みつく。そこで吽は音を喰らうため、音が聞こえなくなる。その治療法は簡単だ。塩水を耳に入れるだけだ。もう一つの蟲、阿 (あ)ははるかにやっかいだ。村長の孫息子、真火(まほ)は阿に憑りつかれる。角が生え、外界からの音が聞こえなくなり、今まで聞こえなかった音が内側か ら聞こえてくる。何万といる蟲が出すかすかな音が合わさって轟音となるのだ。真火の母も吽に憑りつかれ衰弱死した。彼女は死ぬ間際に手を伸ばし、 真火の両耳を塞いだ。それが何を意味するのか。ギンコはその理由を探る。

蟲師 柔らかい角

気になるセリフをいくつか取り上げます。

真火(まほ)「両手で耳をふさいでいたら、額が盛り上がって、角が四本生えてきた。」
All I did was put my hands over my ears, and then four horns grew from my head.

All I did was to put my hands…のtoが省略されています。be動詞の主部にdoが含まれる場合はこのようにtoを省くことができます。over my earsのoverは耳全体を覆う感じです。「額が盛り上がって」は英訳されていません。

村のある男は吽のせいで片耳が聴こえなくなります。ギンコは、村長の白沢に吽について説明します。
「吽(うん)と言います。これが音を食ってるんです。普通、森の中に生息する蟲ですが、雪は音を吸収する。だから、音を求めて里へ降りて来たんでしょう。」
They are called Un. They are a type of mushi that consume sound. They normally dwell in forests and subsist on the sound there. But in winter, the snow absorbs most sound, that leaves them hungry, they’ve come here looking for food.

They are called Un. は第5文型の受動態です。仮に主語をWeとすると、We call them Un. が受動態になり、by usが省略されていると考えることができます。consumeは「~を消費する」という意味で覚えている人が多いでしょうが、このようにeatもしくはdrinkの意味で使う事もできます。leave+O+Cは「~を…の状態にしておく」という意味の第5文型の形です。leaveはleave+O1+O2で「O1にO2を残す」という意味で第4文型の形をとることもあります。
dwell in = live in
subsist on = ~を常食とする
absorb = ~を吸収する

ギンコは話を続けます。
「耳の中にカタツムリそっくりの器官があるのをご存知ですか。飢えた吽(うん)は自らの殻を捨て、そこに寄生し、入ってくる音をすべて食ってしまうんです。ですが、器官が壊されたわけではありません。」
Did you know you have an organ in each ear that looks just like a snail? It looks inviting to a hungry Un, so it abandons its old shell and adopts the organ as its new one, then it eats all the incoming sound. But, don’t worry. They normally don’t leave any permanent damage.

It looks inviting…は第2文型でlookはseemやappearとほぼ同義です。
organ = 器官
snail = カタツムリ
inviting to = ~を引きつける、誘惑する
incoming = (中に)入ってくる
leave damage = 障害を残す
permanent = lasting for a long time or for ever

真火の祖母でもある白沢はギンコに真火のことをしゃべります。
「真火(まほ)で す。前の冬からこのようなことに。突然その角が生えたかと思うと、それまで聞こえていた音が聞こえなくなり、これまでに聞いたこともない音が聞こえ出した というのです。こんな物音ひとつしない夜でも、家の内で外で音がする。囁くような音、轟くような音、耳をふさいでも隙間を埋めても変わらない。角から音が 入ってくると。」
This is Maho. He’s been in this state since last winter. That was when those horns suddenly appeared. They changed him somehow. He was no longer able to hear the everyday sounds around him. Rather he began to hear strange sounds, dreadful noises that he had never heard before. Even on nights like tonight, when all is silent, Maho can still hear things. Roars, whispers, movements… The sounds never cease even if he plugs his ears. 

He has been in this state last winter. は現在完了の文章です。この前の冬からずっと同じ状態ということです。Rather he began to hear strange sounds… that he had never heard before. のhad heardは過去完了です。真火が聞こえ出したのは「過去形」ですが、その過去より以前に聞いたこともないから過去完了が使われています。
state = condition
no longer = もはや~ない
dreadful = 恐ろしい、怖い
roar = うなり声、吠え声

whisper = 囁き声
cease = stop
plug one’s ears = 耳栓する

ギンコが阿(あ)がどのようなものか、白沢に説明します。
「これはもしや阿(あ)。吽(うん)と 共に行動し、 吽の作った無音を食う蟲です。これに寄生されると、見境なく音を拾うために、近くの音だけを聞くことはできなくなります。ですが、 吽に比べて、非常に数の少ない蟲でして、伝えられている治療の記録は、一件のみです。それによると、 吽と同じように塩水を用いても、阿は耳から出てこなかった。さらに様々な生薬などを試してみたが、効果のあるものは見つからず、患者が発病したその次の冬の終わり、夜も昼も洪水のように押し寄せる音の中で、患者は精神をすり減らし、やがて衰弱死してしまったと。」
Mushi that co-exist with the Un, they actually eat the silence that the Un create.
If one is infected with the Ah, they lose the ability to make out sounds close to them. The Ah takes in all sound and drowns out normal hearing. Ah are much fewer in number than Un. They are rare and very little has even known about them. In fact, I only know of one recorded case where someone was treated for Ah.
According to record, the salt-water treatment to extract Un was used, it had no effect. And the Ah could not be coaxed out. Various herbs, holistic remedies, and folk medicines were then tried, but with no results. A year past, and another winter was at its end. The sounds never ceased tormenting the patient. Being bombarded day in and day out finally took its toll, her spirit broke…and it was said she died of depression, one year after her strange symptoms began.

「近くの音だけを聞くことはできなくなります」は they lose the ability to make out sounds close to them. と訳されています。Ah are much fewer in number than Un. は比較級ですが、Ahが複数扱いなのにも注意してください。「様々な生薬など」はVarious herbs, holistic remedies, and folk medicines (様々なハーブ、ホリスティクレメディー、民間療法)と意訳されています。「様々なの」という意味のvariousはherbsにだけ係っていると見ることもできますが、herbs, holistic medicines, folk medicinesすべてに係っていると考える方が無難です。「衰弱死してしまった」はdied of depressionと訳されてます。depressionには「〔活動や機能などの〕低下、減退」という意味があるからでしょうが、 depressionは「うつ、うつ病」という意味で使うことが多いので、これだと「うつで亡くなった」という意味にとられそうです。
co-exist with = ~と共存する

be infected with = ~に感染する
make out = be able to see or hear
drown out = 〔大きな音が小さな音を〕かき消す
recorded case = 記録のある事例
be treated for = ~の治療を受ける
extract = remove something from somewhere
coax out = ~を誘い出す、引き出す
herb = ハーブ
cease = stop
torment = ~をひどく苦しめる
patient = 病人
bombard = 続けざまに苦しめる
day in and day out = 来る日も来る日も
take one’s toll = 大損害を与える
symptom = 症状

ギンコは真火としゃべっています。
「人間てのは特別に耳の悪い動物でな。多くの獣たちはもっと多彩な音を聞き分けて生きている。が、獣たちでも聞き取れないでかい音の層があるらしい。それが蟲の声の層。」
We humans have pretty bad hearing, but animals, their hearing is much more sensitive. They can hear noise that we would never notice. But, there is a spectrum of sound so minute that even the animals can’t hear. That’s the voices of the mushi.

We humansのweとhumansは同格、animal, their hearing…はanimalsと言った後に、their hearingと言い直しています。much more sensitive than usのthan usが省略されています。「もっと多彩な音を聞き分けて生きている」は、「我々が決して気づくことがない雑音を聞くことができる」と意訳されています。
pretty = quite; very

spectrum = スペクトル、範囲
minute = extremely small ◆minuteは名詞と形容詞で発音が異なるので注意

ギンコと真火の会話です。
「その角、どんな風にして生えてきた?」
Tell me about them, the horns, how did they first appear?

themと言った後に、themが何かちゃんと言いたくなってthe hornsと言ったのでしょう。「生えてくる」は「現れる」(appear)と表現されています。

「耳をふさいでたんだ。去年の冬、母さんが死んでしまったから。母さんがよくそうしてたから、思い出して真似してみたんだ。そしたら、額が盛り上がって、角が生えてきた。」
I… I was covering my ears with my hands. It was last winter, just after my mother had passed on. Before she died, mother used to cover her ears a great deal. I remembered that one day and decided to try it out for myself, so I did, that’s when it happened, the horns grew out of my forehead all of a sudden.

used to…は「昔は~したものだ」という意味の過去の習慣を表します。
pass on = die

a great deal = frequently
one day = ある日
try it out = 試しにやってみる
forehead = 額
all of a sudden = suddenly

ギンコは白川から真火の母が「死に際になって音がまったく聞こえなくなってしまったと」(So if I understand you correctly your daughter couldn’t here anything at all right before she passed away.)ということを知ります。pass away = pass onです。

ギンコは音が聞こえなくなった理由について考えます。
「死に際に訪れた静寂。宿主の死期を悟って、阿は逃げ出したのか。いや、なら聴覚は元に戻るはずだ。何も聞こえなくなるとはどういうことだ。なのにいったい、何から耳をふさぎたかったんだ。」
So she couldn’t hear anything right before she died. Did the Ah know she was dying and leave her body before she expired? No… if that was so, her hearing would’ve been restored. Why wasn’t she able to hear anything? And if she couldn’t hear, why would she bother to cover her ears?

right before = ~の直前
leave one’s body = 肉体を離れる
expire = die
be restored = 回復する
bother to = わざわざ~する

柔らかい角 蟲師

「静かだ。だが、決して無音じゃない。耳をそば立てれば雪の積もるのにも音はある。周りに音がなくなれば自分の心臓の音が聞こえてくる。だが、あらゆる音を拾 うとなると、ひとつひとつの音はもう聞こえなくなるのか。それが極限まで高まれば、もしや、もしやそれが音が消えるという事か。そうか。」
It’s quiet. However, sound is not totally absent. Though it may be faint, even falling snow creates a sound. Nothing is ever truly silent. If it’s quiet enough, you can even hear the beating of your heart. But, Maho was unable to hear natural sounds like that, he could only hear the sounds of faraway mushi. And if that imbalance grew worse and worse over time, perhaps, just perhaps, it could make all sound disappear and fade away. Now, I get it.

not totallyは部分否定です。「すべてが~というわけではない」という意味になります。「雪の積もる」は「降っている雪」(falling snow)と意訳されていますね。everは日本語の訳で意味を覚えようとせずに、at any timeという意味の副詞であることを理解してください。
absent = not existing

faint = slight
beating = 鼓動
faraway = distant 遠くの
grow worse and worse = ますます悪くなる
over time = 時間と共に
fade away = slowly disappear

雪がひどく降り、洞窟の中に退避している真火。ギンコが上を見上げるとカタツムリの山が。云と阿はギンコの耳の中に入り込もうとします。
「こらこら、お前ら、ケンカすんな。阿はどいつだ。云は右巻き、阿は左巻き。お前だ。
まほ、両手を貸してくれ。お前の母親のようにな。」
Easy there, stop fighting over me, okay? Now which one of you is Ah? Un is coiled clockwise. Ah counterclockwise. So, there you are. Hey, Maho, it’s okay, give me your hands. Put them on my ears just like your mom did.

Easy thereは感情的になっている人を落ち着かせるときに使う表現です。「まあまあ」、「抑えて抑えて」といった意味になります。fight over Aは「Aをめぐって争う」という意味。云と阿が我先にとギンコの耳の中に向かって競争しているように見えたから出てきた表現です。There you are. は探していたものが見つかった時に使う表現です。「いた、いた」といった意味になります。give me your hands. は命令文の第4文型の文。
be coiled = ぐるぐる巻きになる

clockwise = 時計回りに
counterclockwise = 反時計回りに

柔らかい角 蟲師

ギンコは真火の母が死ぬ間際に耳を両手でふさいだ理由を説明します。

「両手で耳をふさいでも、無音にはなりません。彼女は死ぬ直前に何かから耳をふさぎたかったわけではなく、その時聞こえる音を聞こうとしていたんだと思います。」
Even if you cover your ears, you can’t extinguish all sound. It must have appeared as if your daughter was trying to shut out any noise before she died, but on the contrary, she was trying to listen to a sound she wanted to hear. Do you hear it?

even ifは「たとえ~だとしても」という定番の表現です。It must…のセリフから場面が変わり、白川に話しかけています。「must have + 過去分詞」は「~だったにちがいない」という過去の推量。It appears that…は「~であるように見える」なのでIt must have appeared as if…は「あたかも~であるように見えたにちがいない」という意味になります。on the contraryは英和辞典には「それどころか」という意味で載っていますが、英英辞典にはused to show that you think or feel the opposite of what has just been statedという用法も説明されています。
extinguish = ~を消滅させる

「つまり、阿の弱点は、他の生物の生きている音だろうと。しかしその音は生物に寄生すれば、常に体内に響いているもの。阿にとってそこは、居心地の良いところ ではないはず。だから消そうとする。阿が溶け出すか、宿主が衰弱死するか。その答えが出るのはおよそ、一年後という事なんでしょう。彼女はそれに気づいていたんじゃないでしょうか。けれど、その時には衰えが進みすぎていて、もはや手遅れとなっていた。」
The Ah feed on silence, so noise is their natural weakness. As you just heard for yourself, the body is always making constant noise, therefore, if the Ah broke into a living host, it would be a very uncomfortable and noisy house, that’s what the Ah’s trying to do: erase the body sound, if it fails, it would dissolve and leave, if it’s successful, the Ah takes its toll in the host’s body which dies from depression. The struggle between Ah and the host takes a year, I have the feeling that your daughter probably realized this towards the end. But at that point, she was too weak.

feed on = ~を常食とする(eat A as the usual food)
natural = normal or expected
living = alive now
erase = remove
dissolve = 溶解する
take A’s toll = Aに大打撃を与える
struggle = fight
take a year = 一年かかる

回想場面です。
「まほ、聞こえる? こ れが母さんの音だよ。昔、母さん見たんだよ。父さんとね。火を噴く山。この音はあの溶岩の音にそっくり。だから、母さん、消えそうなくらい不安な時、この 音を聞くの。何でも溶かす溶岩みたいに。不安も辛さも、みんな溶かしこんでしまえる気がするの。ほら、お前もやってごらん。お前の中にも溶岩が。」

柔らかい角 蟲師

Maho…can you hear it? This is my sound. Long ago, your father and I journeyed. We saw a mountain and it spewed fire. My sound is exactly like that of the lava flowing from the mountain. That’s why, when I’m overwhelmed by the other sounds so much I want to disappear, I listen for my sound, the sound of lava, which can melt anything. Nothing can withstand it, it can melt the fear, sadness, all of the bad things in life. Come now, you must listen…the lava flowing within you as well. Maho…

journey = 旅に出かける
spew = ~を噴出する
lava = 溶岩
be overwhelmed by = ~に圧倒される、打ちのめされる
melt = ~を溶かす
withstand = resist or oppose

柔らかい角 蟲師

村を発つ前に、ギンコは真火にこう語ります。

「世界は静かだろう。まほ、慣れるまでは落ち着かないだろうし、絶たれた世界を恋しく思うこともあるだろう。ただ、それも春になってにぎやかになれば忘れる。」
Maho, the world can be a pretty quiet place, especially in winter. It’s going to take some getting-used-to, and you may even miss the old sounds you used to hear. But just wait, when spring comes the sounds of life, and you’ll forget those old sounds in time.

英語版では「特に冬は」(especially in winter)という表現がつけ加えられています。get used to (~に慣れる)を名詞として使っているのでgetting-used-toという風にハイフンがついています。前の動詞がtakeなので「慣れるまでに時間がかかる」という意味になります。used toは「過去の習慣」を表します。
miss = ~がなくて寂しく思う

in time = やがて、いずれ

真火はつぶやきます。
「おれ、忘れない。ずっと聞いてたんだ。母さんと同じ音。ぞっとするくらいきれいな音。」
I don’t think I’ll ever forget it. I’ve listened to it for so long, the same sound mother heard. It’s actually very pretty, it gives me the chills.

everはat any timeという意味です
chill = 寒気 a sudden unpleasant feeling, especially of fear

4月 20, 2016 · Pukuro · No Comments
Posted in: ・蟲師

Leave a Reply