Archive for the ‘☆社会科学’ Category

修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチに出てくる英単語

修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Modified Grounded Theory Approach, M-GTA)を使った英語論文を読むことが多いのですが、逆に日本語で書かれた論文を読むとき、日本語に訳された […]

4月 30, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ☆医療系, ☆社会科学

リアリズムが国際政治学をダメにした: 冷戦の終焉について

John A. Vasquez著The Power of Power Politics: From Classical Realism to Neotraditionalism (Cambridge University […]

2月 12, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ☆社会科学

子どもの能力を最大限に伸ばすための計画的訓練の有効性: K.A.エリクソンの論文から

The Florida State UniversityのK. Andrers EricssonとA. C. Lehmannが1996年にAnnual Review of Psychologyに寄稿した論文 ─ Expe […]

2月 6, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ☆社会科学

リアリズムが国際政治学をダメにした: ミアシャイマーの二極平和論

John A. Vasquez著The Power of Power Politics: From Classical Realism to Neotraditionalism (Cambridge University […]

1月 19, 2015 · Pukuro · No Comments
Posted in: ☆社会科学

リアリズムが国際政治学をダメにした: ケネス・ウォルツの勢力均衡論

John A. Vasquez著The Power of Power Politics: From Classical Realism to Neotraditionalism (Cambridge University […]

12月 29, 2014 · Pukuro · No Comments
Posted in: ☆社会科学

リアリズムが国際政治学をダメにした: ネオ・リアリズムの場合

今回はJohn A. VasquezのThe Power of Power Politics: From Classical Realism to Neotraditionalism (Cambridge Univers […]

12月 21, 2014 · Pukuro · No Comments
Posted in: ☆社会科学

リアリズムが国際政治学をダメにした: ハンス・J・モーゲンソウの場合 3-3

第7章: 評価 ─ リアリスト・パラダイムの妥当性 前章までの分析で、1950年代以降、リアリズムが国際政治学のパラダイムであることが明らかになった。本章以降、リアリスト・パラダイムが国際事象を正確に説明・予測しているか […]

12月 19, 2014 · Pukuro · No Comments
Posted in: ☆社会科学